• 2022年9月26日 2:19 AM

独学の方法が正しかった!?

独学のすすめ
 

学び方

人それぞれさまざまな興味と学び方があったでしょう。

学びの方法を知っているのと知らないとでは成果が著しく変わってしまいます。

そこで、今回は独学の方法について考えます。

 

幼少期の体験を振り返る

 

心を掴んで離さなかったこと

それは

 


宇宙人に対する恐怖心

 

独学大全??絶対に「学ぶこと」をあきらめたくない人のための55の技法

新品価格
¥2,495から
(2021/11/11 13:06時点)

 

 

その結果

百科事典で調べたり専門書を買って読んだり、望遠鏡で土星や木星を観測したり、太陽の黒点の観察をしたりした。

口径が6cm程の屈折式の望遠鏡で

経緯台式だったけど微調整ハンドル式で

縦、横と細かく調整しながら、米粒ほどの輪っかの土星を見つけた時の感動は忘れられない

 

太陽に関する記述もあったから

太陽の黒点に興味を持ち、太陽像投影版を買ってもらい

そこに黒点の位置と大きさを描き、夏休みの研究課題で提出したのは小学校の頃。

 

百科事典は他にもさまざまなジャンルの解説があり、昆虫や乗り物など知的好奇心満たしてくれた。

 

パソコンの時代の到来

その後、お家にNECのPC-9800が登場。Basicというプログラムを打ち込んでプラネタリウムを作動させる。

 

どうしても、プログラムに登場する、英語の理解が必要になり近くの英語塾にかよわせてもらう。

この頃、プログラムはフロッピーと呼ばれるペラペラの円盤状の記録媒体やカセットテープに保存して

road run   window  line  くらいしか覚えていない。

なぜなら、英語が読めない時だったから

記号でしかなかった。それでもキーボードで打ち込んで覚えていった。

 

英語の必要性

そこの英語の先生がとてもいい発音の先生で

正しい英語の発音を学ぶことになる。

(腹式呼吸→アルファベット→特殊な音>

 

本当にいい出会いだった

 

県庁所在地の都市ではあったが

あの時、本当の発音を教われたことに感謝している。

 

学校の先生がVのことをブイと教えていた時期に「ヴィ」と教えてくれた。

 

 

大学の時、ネイティブの先生の英語クラスがあって

英語を発声することが出来きて、その後アメリカで英語をたくさん話してやっと慣れることになる。

アメリカも西海岸と東海岸、そしてイギリスでもロンドンと地方で随分と発音に差があるので

絶対的なものはないのも良いところだと理解。

 

 

英語の学習は

発音しながら単語をたくさん書く

 

そして単語を覚える

 

文法を覚えると文章になる。

 

 

声に出しながら書く勉強法が私には最適だった。

 

他の教科にも応用できた。

 

 

青年期から壮年期まで

 

興味あるものをがむしゃらにやってみた

 

<結果>いろんなこと刺激になったこの時期、ヨーロッパとアメリカでのバックパッキングやスキューバーダイビング。

ドラム演奏、鮎の友釣り、写真撮影、ストロボライティング、サックス演奏、コーヒー、スコッチウイスキー、ネット環境の整備、動画の編集などなど。

 

 

 

 

地方自治体が開催する格安、起業家セミナーにも行ってみた。

自分のできること、友人のできることを書き出して

整理整頓して

起業案を考えるというセミナー。

 

人にはタイミングがあるのだと強く感じた。

なぜなら、その時期の自分はあくまでも経験に頼りすぎていて

一つの方向性しか見えなかったから。

それは、20代も終わりそうな頃だった。

 

この時期に、経験の棚卸し作業ができたことは

次の10年につながった。

 

起業に必要なスキルを身につけようと転職した。

結果的にそこから3社の転職をして今に至る。

 

現在の様子

全てがつながり始めた

 

コロナもあった

不況はずっとあった

 

世の中の神話を疑ってかかる

 

 

そして起業した。

 

きっかけは

当時働いていた会社の2ヶ月連続の給与の遅配。

 

誰かが描いたシナリオだと思った。

このままいても、更なる給与のカットなど起こると仮定して

次へと進んだ。

 

いばらの道でもいい。

 

なぜなら人の一生は

決められているように見えるから

 

人の一生

毎日真面目に学校に通って卒業し

会社に入って働く。

 

恋愛して

結婚して

家を買って

子供を授かって親になる。

 

子供の教育費を払って

子供が結婚して

孫ができる。

 

病気になって

手術を何回かして

そのうち弱って

病院で息を引きとる。

 

起業のススメ

ちょっとした反抗心で起業してみよう。

難しく考えないで

今までの経験と知識を融合させる。

 

それを発表する為に

独自の告知媒体を持つことをお勧めする。

 

レンタルサーバーでホームページ運用から始めると

自分のコンテンツをしっかり設計できるようになる。

 

 

 

Follow me!

PAGE TOP