物撮りのための照明セットのシンプルな構成

 物撮りをすることになったら、どんなシステムで撮影するのか知りたい。そして、スペースを確保したら、予算を立てて報告。稟議書が通ると購入可能になる。全て一人でやるとして、何が必要なのか、知っておきたい。そんなあなたにお伝えします。

物撮り基本的知識

どんな撮影をしたいのか、と言っても物撮りセットに大差はない。撮影したい見本写真としてシュミレーションソフトでの撮った写真を載せておく。ちなみのこのシュミレーションソフトはとても便利だ。大体日本円で高い方の良い方が、2万5千円くらい。安い方が1万4千円くらい。ドルでの購入なので為替相場に注意したい。どちらもセール価格でそんな感じ。その名も「set a light 3D」STUDIOは高い方で定常光も含めて色々なライティングができ、空間の大きさも自由に変えられます。一方安い方のBASICは大中小の決められた空間内で、ストロボ5灯まで配置できるタイプ。無料ダウンロードで15日間お試し可能。ご自身のPCで動くか確認して導入すると良い。

 set.a.light 3D - for Photographers

このシュミレーターで以下、説明していく。

 カメラのポジションで撮影された被写体は形が変わる。少し斜めにずれただけで遠近法が誇張される。物撮りの際は、左右の見え方や直線の均等具合などを目を泳がせながらチェック。カメラのモニターや、PC上にガイドを表示させてより細かく確認する必要がある。手持ちでは毎回ずれてしまうので、カメラは三脚に固定。強調したい面に多めに光を当てることもあるし、後処理で商品だけ切り抜いて使用するために、白が飛びそうな部分には黒いケント紙でエッジをしめて切り抜きやすくすることもある。

必要機材

・ストロボ(アンブレラセット)× 2セット


2本購入

2本購入
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

COMET(コメット) ミニスタンド CMS-4B 232458
価格:9460円(税込、送料無料) (2022/11/11時点)


・ストロボ(バンクセット)



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

COMET(コメット) インサート金具(ウエーハー用CX)
価格:4000円(税込、送料無料) (2022/11/11時点)


1本購入
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

COMET(コメット) ミニスタンド CMS-4B 232458
価格:9460円(税込、送料無料) (2022/11/11時点)


・ディフューザー(トレーシングペーパー)スタンドセット× 2セット

2本購入

2本購入
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

コメット スタンド CMS3Bスタンド
価格:20470円(税込、送料無料) (2022/11/11時点)


1本でも2本でも

・バック紙


・バック紙スタンド

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

コメット|COMET スライドポールL(ダボ付)
価格:9320円(税込、送料別) (2022/11/11時点)


2本購入
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

コメット スタンド CMS3Bスタンド
価格:20470円(税込、送料無料) (2022/11/11時点)


・カメラ

ミラーレスのフルサイズ。そして細かな描写を近づいて撮れるマクロレンズ。




・カメラスタンド

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ジッツォ|Gitzo マウンテニア三脚 GT3542 [4段][GT3542]
価格:139061円(税込、送料別) (2022/11/11時点)


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ジッツォ ジッツオ 3ウェイフルード雲台 GHF3W グレー
価格:59500円(税込、送料無料) (2022/11/11時点)


・AS-15 または無線シンクロ発信機



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ニコン|Nikon ホットシューアダプター AS-15[AS15]
価格:1580円(税込、送料別) (2022/11/11時点)


総額

なんだかワクワクの高額。今回はジェネを中心にヘッド3灯でアンブレラ2灯とバンク。そして

その他アクセサリー類。カメラも最近はミラーレス化が完了して高いので、レンズ2本と本体で想定40万円くらい。そのストロボとバックスクリーンで他85万円くらいします。ビックプロジェクトです。もっと安く見積もるならものブロックタイプにすると50万くらいになるかもしれません。

撮り方

ストロボメーターで露出を測りながら、光の強さを調整します。

光るものの場合は、どんどん白いトレーシングペーパーで囲んで写り込まないように気をつけます。黒のケント紙と白はバックスクリーンから切り取って使います。カメラの写り込みも極力気をつけてなくすので、神経を使います。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

SEKONIC セコニック 露出計 フラッシュメイト L-308X
価格:27090円(税込、送料別) (2022/11/11時点)


かなりの高額商品

ストロボ機材は高いです。綺麗に撮れますけど、一気に揃えられなければ、少ない機材で工夫して撮影をし始めます。そして、収益をあげたら機材購入してはいかがでしょう。それか、外注で撮影を頼むのが良いかもしれません。

Follow me!

投稿者プロフィール

kojo okumoto
kojo okumoto
「誰でもどこでも簡単に」撮影できるフォトブース導入コンサルティング。企業の40代〜50代のリスキリングを動画、写真の撮影、編集でサポート。株式会社フォトサリュTEL:090-8800-8886 平日9:30−17:30
PAGE TOP