• 2024年4月20日 3:55 PM

フリマサイトにおける写真撮影の重要性:魅力アップと納得感の強調

投稿日:2024年2月17日 最終更新日:2024年2月17日 記事制作:奥本 光城

メルカリなどのオンラインマーケットプレイスにおいて、商品を販売する際の写真の重要性は非常に高いです。文章だけでは伝わらない商品の魅力や商品の状態を購入者にわかりやすく伝えることが重要です。売り上げアップの為に何ができるのか考えます。

写真がメルカリでの販売において重要である理由

  1. 第一印象の形成: 購入者は通常、商品の写真を見てから購入を決めます。魅力的でクリアな写真は、商品に対する良い第一印象を与えることができます。
  2. 商品の状態の明示: 写真は商品の状態を正確に伝えるのに役立ちます。使用感、キズ、色あせなど、実際の商品の状態を見せることで、購入者の信頼を獲得できます。
  3. 詳細の強調: 写真を使って、商品の特別な特徴や魅力的な詳細を強調できます。たとえば、ブランドロゴ、デザインの特徴、素材感などです。
  4. 購入者の質問への回答: 良い写真は、購入者の持つ疑問や質問を事前に解決することができます。例えば、商品のサイズや形状に関する疑問などです。
  5. 売上の向上: 魅力的な写真は、商品が目立つようにし、結果として売上の向上につながります。良い写真は商品をより魅力的に見せ、競争の激しいマーケットプレイスでの目立ちやすさを高めます。
  6. トラブルの回避: 商品説明と一致した正確な写真を掲載することで、誤解や不満を防ぎ、トラブルを回避できます。

写真は、メルカリでの販売成功において重要な役割を果たします。購入者が商品を手に取って見ることができないオンライン販売において、写真は商品を理解し評価するための主要な手段です。したがって、高品質で魅力的な写真を使うことは、商品の売れ行きを良くするための重要な戦略となります。

メルカリ用の写真撮影で失敗しやすい問題点とその解決策

  1. 照明が不十分:
    • 問題: 写真が暗すぎる、または影が目立つことで、商品の詳細が見えにくくなります。
    • 解決策: 自然光を活用するか、人工光源(LEDライト・ストロボなど)を使用して均一な照明を確保してください。
  2. 背景が乱雑:
    • 問題: 乱雑な背景は商品に焦点を当てにくくし、商品の魅力表現を損ないます。
    • 解決策: 単色の背景を使用し、不要な物を排除して商品に焦点を当ててください。
  3. 写真の解像度が低い:
    • 問題: 低解像度の写真は詳細が不鮮明で、商品の魅力を伝えることができません。
    • 解決策: 高解像度で撮影し、必要に応じて画像を適切にトリミングしてください。
  4. 不適切なアングルやフレーミング:
    • 問題: 商品の重要な部分が切れていたり、適切でない角度から撮影されていると、商品の魅力が伝わりにくいです。
    • 解決策: 複数の角度から写真を撮り、商品の全体像と重要なディテールを両方捉えてください。
  5. 色の再現性が悪い:
    • 問題: 実際の商品の色と写真の色が異なると、購入者に誤解を招きます。
    • 解決策: 自然光を利用し、カメラのホワイトバランス設定を調整して、正確な色を捉えてください。
  6. 写真が少ない、または一方的:
    • 問題: 商品のあらゆる側面や状態がわからないと、購入者は不安を感じることがあります。
    • 解決策: 商品の全体像、特徴的な部分、状態の良い・悪い箇所を含め、複数の写真を掲載してください。

良い写真はメルカリでの販売成功に不可欠です。これらの一般的な問題点と解決策を意識することで、より魅力的で購買意欲をそそる商品写真を撮ることができます。商品写真は購入者にとって重要な情報源であり、その品質が売上に直接影響を与えます。

意外なお困りごと:商品に移る撮影者と色調調整

メルカリ用の写真撮影でよくある問題の一つに、撮影者が商品に映り込むことや、色調が実際の商品と異なることがあります。これらの問題の解決策を紹介します。

撮影者が商品に映り込む問題

問題点:

  • 光沢のある物体や鏡面を撮影する際、撮影者の姿が反射して映り込むことがあります。

解決策:

  1. 角度を変える: 商品を異なる角度から撮影し、自分が映り込まない位置を探します。商品の角度もカメラの角度も調整しながら反射しない位置を探ります。
  2. トレーシングペーパーの使用: 白い紙や黒い紙で被写体を囲むことで反射を調整します。
  3. 三脚の使用: 三脚を使用してカメラを固定し、自分が写真から離れることで映り込みを避けます。セルフタイマーの積極的な利用もおすすめです。

色調調整の問題

問題点:

  • 室内照明やカメラの設定により、写真の色調が実際の商品の色と異なることがあります。

解決策:

  1. 自然光の利用: 太陽光は最も自然な照明源であり、色の歪みを最小限に抑えます。晴れた日の午前中または午後に撮影するのが理想的です。しかしながら壁での反射や天候、室内灯のミックス光源下での撮影は時間経過で色調が変化するので、人工光での撮影をお勧めします。
  2. ホワイトバランスの調整: カメラのホワイトバランス設定を調整し、色の温度を正確に反映させます。実際の商品を見ながら色調整すると良いでしょう。
  3. 編集ツールの使用: 撮影後、写真編集ツールを使用して色調を微調整します。ただし、実際の商品の色を忠実に表現するよう心がけてください。例えばメルカリなら、アプリ内での編集画面で加工を選びます。そこで、調整を選び暖かみと彩度、そして明るさを調整します。

これらの解決策を試すことで、メルカリの商品写真の品質を向上させることができます。品質の高い写真は、商品の魅力をより良く伝え、買い手の信頼を得るために重要です。

やっぱり一眼レフと現像ソフトが安定する

Adobe Lightroom CCでの現像処理がメルカリ用の商品写真において特に重要である理由は、以下の点に集約されます。

  1. 色調の正確性の向上:
    • 商品写真では、商品の色が実物と忠実に一致していることが非常に重要です。Lightroom CCを使用すると、色温度や露出、コントラスト、彩度などを細かく調整でき、実際の商品の色を正確に再現することが可能です。
  2. 照明の不均一性の修正:
    • 室内撮影や自然光の変動により、写真に影や不均一な照明が生じることがあります。Lightroom CCのツールを使えば、これらの問題を修正し、均一でバランスの取れた照明を実現できます。
  3. 細部の強調:
    • 商品の特徴や細部を強調するためには、明瞭度やテクスチャーの調整が必要です。Lightroom CCでは、これらの細かいディテールを調整して、商品の質感や特徴を際立たせることができます。
  4. 一貫したスタイルと品質:
    • Lightroom CCでは、プリセットを使用して一貫した編集スタイルを適用できます。これにより、全ての商品写真に同じ品質と見た目を保つことが可能になり、プロフェッショナルな印象を与えます。
  5. 非破壊編集:
    • Lightroom CCでは、オリジナルの写真データを変更せずに編集作業を行うことができます(非破壊編集)。これにより、元の画像にいつでも戻ることができ、さまざまな編集を試すことが可能です。
  6. 効率的なワークフロー:
    • 多数の写真を一度に管理・編集する際に、Lightroom CCは特に効率的です。バッチ処理や同期機能を使用して、複数の写真に対して同様の編集を迅速に適用できます。

総じて、Lightroom CCを使用することで、メルカリ用の商品写真の魅力を最大限に引き出し、購入者にとって魅力的で信頼性の高い商品画像を提供することが可能になります。

Follow me!

投稿者プロフィール

奥本 光城
奥本 光城株式会社フォトサリュ代表
写真好きカメラ業界経験30年。カメラ店勤務からグリラーメーカー、そして国産ストロボメーカー、アルバム製造機材販売専門商社を経て、株式会社フォトサリュを設立。ネット活用を映像と想像力で構築し生成AiやNFT制作、動画編集にも着手。様々な方法を融合して個人のブランディングをお手伝いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


PAGE TOP