• 2024年7月23日 12:08 AM

AIによる「画像盗用」の調査がきっかけで明らかになった、自身の画風が盗作だった男の話

By奥本 光城

3月 13, 2024

投稿日:2024年3月13日 最終更新日:2024年3月13日 記事制作:奥本 光城

2024.3.13の記事で次の様なものがありました。

生成AIによる著作権侵害の実例、文化庁が収集開始…クリエイターらの不安解消狙う:写真 : 読売新聞オンライン

引用元:https://www.yomiuri.co.jp/pluralphoto/20240312-OYT1I50197/

そこでもしも十分な用意もなく、自分の作品が盗用されていると申し出るとして、どんなことが想定できるのか「ChatGPT」に考えてもらいました。

文章生成Aiによる回答

この物語は、テクノロジーの進歩がもたらす意外な結末についての一つの例です。画像生成AIの登場は、クリエイティブな世界における著作権とオリジナリティに対する新たな挑戦となっています。しかし、この物語の主人公、あるアーティストが直面したのは、まさにその技術が照らし出す、予期せぬ真実でした。

事件の発端

彼は自身の作品がAIによって盗用されているのではないかと疑い、深い調査を開始しました。彼の独特な画風は、過去数年間で高く評価され、一定の人気を博していました。彼は、自らの創作物が無断でコピーされ、AIによる画像生成プロセスで利用されている可能性に怒りを感じていました。

調査の過程

彼が専門家とともに調査を進める中で、AI技術の背後にあるプロセスが徐々に明らかになりました。画像生成AIは、インターネット上で公開されている大量の画像データを学習し、それらの要素を組み合わせて全く新しい画像を生み出す技術でした。このプロセスにおいて、特定のアーティストの作品を直接「盗用」することはありませんが、さまざまな画風や要素が参考にされることはあるという事実が浮かび上がりました。

衝撃の事実

しかし、調査が進むにつれて、予期せぬ事実が明らかになります。彼自身の画風が、実は過去の有名なアーティストからの影響を強く受けており、その一部が著名な作品の「模倣」と見なされる可能性があることが判明したのです。この発見は、彼自身が意識していなかったもので、彼の作品が他者の作品と類似していることに深い衝撃を受けました。

反省と前進

この経験は、彼にとって大きな転機となりました。彼は自身の作品と創作プロセスを再評価し、よりオリジナルな表現を追求することに決めました。また、この出来事は、クリエイティブな作業におけるインスピレーションとオリジナリティの境界線について、深く考える機会を彼に提供しました。

テクノロジーが進化する中で、私たちは自身の創作物とオリジナリティについて常に挑戦され続けます。この物語は、自らの作品を守ろうとするアーティストが、意外な自己発見をするという、予期せぬ展開を迎えました。クリエイティブな世界では、過去の作品から学び、それを超えて新しい表現を追求することが、真のオリジナリティへの鍵となるのかもしれません。

自身の作品と創作プロセスの再評価に関する生成Aiの回答

自身の作品と創作プロセスを再評価するためには、客観的な視点を持ち、自分自身と作品に対する深い洞察が必要です。以下のステップは、アーティストが自己の創作物とそのプロセスを見直し、新たな創造性を開拓するためのガイドラインとして役立ちます。

ステップ1: 自己反省

  • 作品のレビュー: 過去の作品をすべて見返し、それぞれにどのような思い、インスピレーション、テクニックが込められているかを振り返ります。
  • 感情と反応の記録: 各作品に対して自分が感じること、他人からのフィードバックや反応を書き留めます。これにより、どの作品が最も共感を呼んだか、または逆にどの作品が意図した反応を得られなかったかを理解できます。

ステップ2: インスピレーションの源泉の分析

  • インスピレーションの追跡: 自分の作品がどのアーティストや流派から影響を受けているかをリストアップし、それらの要素がどのように自分の作品に反映されているかを分析します。
  • オリジナリティの確認: 自分の作品が他者の影響をどの程度受けているかを評価し、独自性を高めるために何ができるかを考えます。

ステップ3: 新たなアプローチの模索

  • 新しい技法の実験: 今まで試したことがない新しいテクニックやメディアを探求します。これにより、創造性を刺激し、新しい表現方法を発見できるかもしれません。
  • 他ジャンルとのコラボレーション: 異なる芸術分野のアーティストとのコラボレーションを試みることで、新しい視点やアイデアを得られます。

ステップ4: フィードバックと評価

  • 批評を求める: 信頼できる仲間やメンターからのフィードバックを積極的に求め、それをもとに作品とプロセスを改善します。
  • 公開と展示: 新たなアプローチで作成した作品を展示し、より広い視聴者からの反応を見ます。公開することで、自分の作品に対する新たな理解やアイデアを得ることができます。

ステップ5: 持続的な学習

  • 教育と研究: アートの歴史、現代のトレンド、技法に関する本を読む、ワークショップやセミナーに参加するなど、常に学び続ける姿勢を持ちます。
  • 日常からのインスピレーション: 日常生活の中で新しいインスピレーションを見つけるために、旅行、自然散策、他の文化との交流など、新しい経験を積極的にしてみます。

自己の創作プロセスを再評価することは、成長と進化のための重要なステップです。このプロセスを通じて、アーティストは自己の作品と創造性に新たな次元を加え、自身のアイデンティティを再発見することができるでしょう。

私たちと生成Ai

アイデアを形にできるとして、そのアイデアはどこから来たものでしょうか。

好きなもの、好きなことの積み重ねと、嫌なものからの回避。

何事も、真似ることから始めて偶然性から新しいものへの飛躍がはじまります。

真似ることには設計図があり、真似られないものは言語化できない力を秘めています。

世の中、元素の組み合わせでしかないこの現実。量子力学で証明されるかもしれない別次元。

産業革命時代と同じ様な混乱ぶりが、生成Aiによって引き起こされます。

人間が考えていることの価値、意味を問いただすと、世界が変わって見えてくるのです。

Follow me!

投稿者プロフィール

奥本 光城
奥本 光城株式会社フォトサリュ代表
写真好きカメラ業界経験30年。カメラ店勤務からグリラーメーカー、そして国産ストロボメーカー、アルバム製造機材販売専門商社を経て、株式会社フォトサリュを設立。ネット活用を映像と想像力で構築し生成AiやNFT制作、動画編集にも着手。様々な方法を融合して個人のブランディングをお手伝いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


PAGE TOP