• 2024年7月22日 10:29 PM

日本の植物学者をモデルにしたNHK朝ドラ「らんまん」をみて考えるコンピューターのない世界

投稿日:2023年5月25日 最終更新日:2023年8月18日 記事制作:奥本 光城

主人公の振る舞いは、まるでコンピューターの様です。野原に出かけて、情報を収集、採取して持ち帰り、乾燥させて標本化して名前をつけて分類、管理します。デジタルカメラの様に墨と筆で書き留めることもできます。人間と産業革命、コンピューターの登場が不可欠な現代にコンピューターがなかったらどんな世界なのか考えると大切なものが見えてきます。

コミュニケーションの形

「デジタル化されていない現代の街」では、人々のコミュニケーションは直接的で身近なものになります。人々は顔を合わせて会話を楽しみ、情報を共有します。カフェや公園では、人々が集まっておしゃべりをしたり、意見を交換したりしています。声や表情、身振り手振りを通じて情報を伝えることで、より深いコミュニケーションが生まれます。人の心を揺さぶる様な演説の手法がその時代のリーダーを作り、各地区のリーダーが情報を持ち寄ることで統制を計る世界です。

デジタルテクノロジーの普及がないため、メールやSNSの存在はありません。代わりに手紙やポストカードを使って、遠くの友人や家族との連絡を取ります。手書きのメッセージは個々の特別さと感情を伝える手段として重要な役割を果たします。独自の伝達時間を短縮する技術がモールス信号の様な機械的な信号で行われますが、映像や文字を直接遠くまで送ることはできません。

また、情報の共有は口コミや印刷物を通じて行われます。街の中心部には掲示板や告知板が設置され、重要な情報やイベントの告知が行われます。人々は日々の生活で得た情報を街中で共有し合い、地域全体のつながりを深めています。

このようなコミュニケーションのスタイルは、個人同士の絆を強め、コミュニティの結束力を高める効果があります。人々はお互いに声を掛け合い、顔を合わせてコミュニティの一員としての意識を持ちます。それにより、街全体が温かく、活気にあふれた雰囲気を持つことが特徴となります。

文字や写真から、相手の気持ちを読み解くイマジネーション力が人間性の豊かさに通じます。優れた人の特徴はそのイマジネーションを他者と共有できる施策を打てる芸術家といったところでしょう。中世に優れた絵画が生まれた理由です。

情報の共有

「デジタル化されていない現代の街」において、情報の共有は主に口コミや印刷物を通じて行われます。ニュースや情報は地域の人々の口から口へと広がります。近所の人や友人との会話や出会いの場で、最新の出来事や重要な情報が交換されます。写真や絵画での伝達となり、製作者の目を通した2次的な情報を目にすることになります。

また、印刷物も情報の主要な媒体となっています。新聞や雑誌、パンフレットなどが街中の小さな書店やコミュニティセンターで入手可能です。これらの印刷物は、記事や広告を通じて人々に情報を提供し、地域の出来事やトピックに関する洞察を提供します。

街の中心部には掲示板や告知板があり、重要な情報やイベントの告知が行われます。地元の学校のイベント、コミュニティの集会、地域の文化祭など、さまざまな情報が掲示され、人々はそれを目にして参加や関心を示します。

このような情報の共有のスタイルは、コミュニティの一体感を高め、地域の結束力を強化する役割を果たします。人々は街の中でつながりを感じ、地域の出来事や関心事に積極的に関わることができます。情報の伝達が個々の人間関係や地域全体の連帯感を醸成する一翼を担っているのです。情報の核として政治統制組織、あるいは宗教団体、労働団体、学校などが独自の情報伝達部門創設に労力を費やします。情報をお金で買う、あるいは広告宣伝費として企業、団体の利益の還元としての情報提供となり、情報格差は広がることになります。

【じゃらん】国内25,000軒の宿をネットで予約OK!2%ポイント還元!

商売の形

「デジタル化されていない現代の街」において、情報の共有は主に口コミや印刷物を通じて行われます。ニュースや情報は地域の人々の口から口へと広がります。近所の人や友人との会話や出会いの場で、最新の出来事や重要な情報が交換されます。朝市は世界中の都市に存在しています。天候、政治、物価、流行病など様々な情報が直接人から人へとやりとりされます。

また、印刷物も情報の主要な媒体となっています。新聞や雑誌、パンフレットなどが街中の小さな書店やコミュニティセンターで入手可能です。これらの印刷物は、記事や広告を通じて人々に情報を提供し、地域の出来事やトピックに関する洞察を提供します。

街の中心部には掲示板や告知板があり、重要な情報やイベントの告知が行われます。地元の学校のイベント、コミュニティの集会、地域の文化祭など、さまざまな情報が掲示され、人々はそれを目にして参加や関心を示します。

このような情報の共有のスタイルは、コミュニティの一体感を高め、地域の結束力を強化する役割を果たします。人々は街の中でつながりを感じ、地域の出来事や関心事に積極的に関わることができます。情報の伝達が個々の人間関係や地域全体の連帯感を醸成する一翼を担うのです。

人流と交通

「デジタル化されていない現代の街」では、交通手段の主力は車となっています。街の道路は車の通行に適した設計となっており、車が交通の中心となります。

人々は車を所有し、日常の移動に利用しています。車は個人や家族の便利な移動手段として重要な役割を果たしており、通勤や買い物、レジャー活動などに広く使用されています。

街には広い駐車場や駐車スペースが設けられており、車を停める場所には困りません。駐車場は商業施設や公共施設、住宅地の周辺に配置されており、利便性を向上させています。

また、交通ルールや信号機の整備も行われています。人々は車を運転する際に交通ルールを守り、安全な移動を心掛けています。交差点では信号機の指示に従い、交通の流れを調整しています。

ただし、デジタルテクノロジーの進歩が限られているため、交通情報のリアルタイムな提供やナビゲーションシステムは利用できません。人々は地図や案内板を頼りに目的地に向かい、道路の交通状況を目視で確認しながら移動します。

車をメインとした交通手段の街では、交通量が多くなることもありますが、人々は車を通じて広い範囲を移動し、自由な行動を楽しんでいます。車が中心となることで、移動の自由度が高まり、街の発展や経済活動を支える一因となっています。

デジタルテクノロジーの進化が制限されているため、交通の流れは比較的ゆっくりとしています。人々は時間に余裕を持って移動し、道路での交流や挨拶もより頻繁に行われます。交通手段がアナログなだけでなく、ゆったりとしたペースの移動が特徴となり、街の人々の生活リズムにも影響を与えています。

エンターティンメント

「デジタル化されていない現代の街」では、映画館や劇場が人々の娯楽の場となっています。ライブパフォーマンスや音楽イベントも盛んで、地域の文化活動が重要な役割を果たしています。

  1. ライブパフォーマンス: 音楽やダンス、演劇などの生のパフォーマンスが人々を魅了しました。コンサートや劇場での公演は、人々が生の芸術を体験し、アーティストの情熱や才能を間近で感じる機会です。
  2. 芸能: 曲芸や手品、書道や茶道などの伝統的な芸能も人々の娯楽となりました。芸術家や巡回芸人が街を回り、人々に楽しい時間を提供します。
  3. 絵画や彫刻: 絵画や彫刻は、芸術作品を鑑賞する手段として重要でした。美術館や展覧会での展示は、人々が美しい芸術作品に触れ、感銘を受ける機会を提供します。
  4. スポーツ: スポーツは人々の娯楽として大変人気でした。野球、サッカー、テニスなどの競技は、人々が観戦や参加することで楽しむことができます。
  5. 読書: 書物は人々の娯楽として重要な存在でした。小説や詩集、新聞や雑誌などの読書は、人々の知識の拡充や想像力の刺激をもたらします。

デジタル化が進んでいない時代では、これらのエンターテインメントは身体的な場所や時間に制約され、生の体験や対面の交流が重視されます。人々は互いにつながり、現実世界での娯楽を通じて共有の体験や感動を得ることができるのです。

【神楽坂 ル コキヤージュ 絶対スベらない鉄板ギフト!テリーヌ ドゥ ショコラ】

手工芸や芸術

「デジタル化されていない現代の街」では、手作りの製品や工芸品が人気で、街には工房やアトリエが点在しています。絵画や彫刻、陶芸などの芸術活動も盛んで、街は創造性にあふれています。

  1. 手工業品: 手作りの製品や工芸品が人々の関心を集めています。木工品、革製品、テキスタイル製品など、熟練した職人が手作業で作り上げた製品は、高い品質と個性的なデザインが特徴です。人々は手工芸品を購入することで、独自のスタイルや美しさを持つ製品を手に入れることができます。
  2. 工房とアトリエ: 街には多くの工房やアトリエが存在し、そこで職人やアーティストが製作活動を行っています。木工、陶芸、ガラス細工、金属加工などの技術を持つ人々が、個別のスタジオや共同の作業場で創造的な活動に取り組んでいます。これらの場所は、才能の交流やアイデアの共有の場として重要な役割を果たしています。
  3. 芸術活動: 絵画、彫刻、写真、アートインスタレーションなどの芸術活動も盛んです。街には美術館やギャラリーが点在し、多様な芸術作品が展示されています。アーティストたちは街の風景や文化にインスピレーションを受けながら創作活動を行い、独自の表現を追求しています。

手工業と芸術の盛んな街では、人々は個々の才能や創造力を評価し、独自のアイデンティティを表現する場を見つけます。手作りの製品や芸術作品は、個々の技術や感性が反映された独自の魅力を持っています。このような街では、創造性が奨励され、人々は自身の才能を発展させる機会を得ることができます。技術の伝承は家族親族間、師弟制度で行われます。長い時間をかけます。匠の技が受け継がれます。また、統制行政の方針で職人が集められ交易の柱となる場合もあるでしょう。

自然との共存

「デジタル化されていない現代の街」では、 自然環境と人間の環境をマクロ的視野から捉えることができないためにそれぞれの地域が独自に開発することで環境破壊が進む可能性があります。「デジタル化されていない現代の街」では情報の制約があるため、地域の開発と環境保護のバランスを取ることが課題となります。持続可能な開発を促進するためには、情報共有と協力の枠組みの強化が不可欠です。リアルタイムな情報収取や、短期的な予測、長期的な予測も困難で行き当たりバッタリの環境政策が世界中で乱立します。

情報共有や協力の枠組みを強化することが重要なことに変わりはありません。以下の取り組みが有効です。

  1. 地域のネットワーキング: 地域内の関係者や専門家、地域住民などのネットワークを形成し、定期的な情報交換や意見交換の場を設けることが重要です。地域のニーズや課題に対する共通理解を深め、持続可能な開発に向けた戦略を共有することができます。
  2. 経験やベストプラクティスの共有: 同じような課題を抱える地域との交流や情報共有を通じて、成功事例やベストプラクティスを共有することが重要です。他の地域の取り組みから学び、自らの環境保護や開発に活かすことができます。
  3. 専門家のサポート: 環境保護や持続可能な開発に関する専門家やコンサルタントの支援を受けることが有益です。彼らは科学的な知識や専門的な見地から助言や指導を提供し、地域の取り組みをサポートすることができます。
  4. 地域参加型のプロジェクト: 地域住民の参加を促すプロジェクトを展開することが重要です。地域の人々が自らの手で環境保護や持続可能な開発に取り組むことで、地域意識の向上や責任感の醸成が期待できます。

デジタル化されていない時代の街においては、情報の制約を克服するために地域の協力と共同作業が不可欠です。地域の特性や課題に応じた独自の取り組みを進めることで、環境保護と持続可能な開発の両立を目指すことができます。多くの人々の間で共通の課題意識と知識を共有することは難しく、その制度にも限界があります。工業先進国とその他の国々の間の意識のズレばかりか、同じ国の中の都市間での意識のズレも生じます。知っているものと知らぬものの間の壁が存在します。

電力需要

デジタル化されていない現代の街では、電力需要は主に基本的な生活のニーズと産業活動に集中しています。家庭では照明や調理器具、暖房や冷房のために必要な電力が必要です。また、商業地域では店舗や事務所の照明や冷蔵庫、冷凍庫、エアコンなどの電力が消費されます。工業地域では、製造プロセスや機械の動力源としての電力需要が高まります。

デジタル化されていないため、情報技術に関連する電力需要は限定的です。コンピューターやネットワークなどのデジタル機器が少ないため、それによる電力消費は抑えられています。ただし、一部の産業や公共施設では、非デジタルの情報処理装置や電力を必要とする機械が使用される場合もあります。

また、デジタル化されていない時代の街では、再生可能エネルギーや従来の発電方法が主流です。水力や風力、太陽光などの再生可能エネルギー源が活用される一方で、石炭や石油を燃料とする発電所も一般的です。

電力需要の増加に対応するため、電力供給は地域の需要を基準に計画されます。しかし、過去のデーターや気象データなどの利用が効率的に行われないことでの需要予測が難しいので、停電が頻発します。そのため多くの水力発電所が必要になります。電力インフラの整備や電力網の拡張、発電所の増設などが行われ、持続可能かつ安定した電力供給が最重要課題です。また、省エネルギーの意識やエネルギー効率の向上も重視され、電力需要の抑制や効率化が図られます。ただし、デジタル化されていない世界の発電所は全てが人間の力で行われます。ヒューマンエラーも人を配置することでコントロールする必要があります。

デジタル化されていない世界を考える

情報伝達とコミュニケーションにおいては、人々は直接的な手段を活用します。例えば、口頭での会話や物理的な手紙を通じてメッセージを伝えたり、情報を共有します。情報は口伝えや手書きの文書、新聞やポスターなどの印刷物によって広まります。コミュニケーションのスピードは制約されますが、その分、人々はより丁寧なコミュニケーションを築くことができ、個々の声や表現がより重視されるでしょう。

教育や文化の面では、地域の学校や図書館が知識や情報の拠点となります。人々は本や資料を通じて学び、地域の歴史や文化に触れます。教育は地域の特色やニーズに合わせて展開され、知識や技術の継承が重視されます。文化活動や伝統行事も大切な要素となり、地域のアイデンティティや絆を形成します。

政治や行政の面では、地域の自治体が地域の課題に対処する役割を果たします。地域住民は参加型の民主主義を重視し、地域の意思決定に参加します。情報の制約があるため、地域の開発と環境保護のバランスを取ることが課題となります。持続可能な開発を促進するためには、情報共有と協力の枠組みを強化し、地域全体の利益を考慮した政策立案が重要です。

デジタル化されていない世界では、情報の制約や手作業の重要性が存在しますが、同時に人と人のつながりや地域のアイデンティティが強化されます。環境への配慮や持続可能な経済活動が重視され、人々は自然との共存を大切にしながら暮らしていくでしょう。地域の特色や文化が豊かに育まれ、人々の生活はより豊かで意義のあるものとなるでしょう。

そんな時代を想像しながら、デジタル化された現代において大切なことを再確認してデジタルの恩恵を受けましょう。結局、デジタルがない時代の感動をデジタルでより正確に大きく感じれる時代になったのです。デジタルも進化し、量子コンピューターの時代が始まります。新しい発見があることでしょう。

Follow me!

投稿者プロフィール

奥本 光城
奥本 光城株式会社フォトサリュ代表
写真好きカメラ業界経験30年。カメラ店勤務からグリラーメーカー、そして国産ストロボメーカー、アルバム製造機材販売専門商社を経て、株式会社フォトサリュを設立。ネット活用を映像と想像力で構築し生成AiやNFT制作、動画編集にも着手。様々な方法を融合して個人のブランディングをお手伝いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


PAGE TOP