• 2022年9月26日 1:52 AM

set a light 3D で解説!スタジオ写真ライティングの記憶

<2022.7.12更新>

 

現在セール中で

set.a.light 3D V2.5 STUDIO (MAC/WIN)

Full Version

の通常価格が229.90ドルのところ

154.00ドルになっています!

 

しかもBlack Summer sale コード「BLACK-22」を入力したら

さらに15%offになる様です!(詳しくはご自身で!)2022.7.12現在残りは4日の表示です!

もしも気になっている方は1番のお買い得タイムかもしれません

 

なんだかAmazonさんのセールに合わせてセールされている感じですね!

 

まずおためしダウンロードをすぐにして

それから考えましょう!

 

 

お試しダウンロードをしてみて

お手持ちのPCでちゃんと動くのでしたら

かなりお買い得にゲットできそうです

 

 

最新価格は下記オフィシャルサイトでご確認ください

set a light 3Dのオフィシャルサイトはこちら

 

ちょっと安めのBASICとSUTUDIOの違い

STUDIOが高くて

BASICが安いです

 

断然STUDIOをお勧めしますが

機能を抑えたBASICがより安くてお手軽かもしれません

 

BASICで我慢するのは

 

1.部屋のサイズがS、M、Lと決まったサイズのみ

これは我慢できるかも

 

2.5つまでのフラッシュ使用

これはギリギリ

写真館さんのライティングだと

メイン✖️1 フロント✖️1 トップ✖️1 バックライト✖️2

で5灯でもう一途アクセントライトをれられないと無理があります

 

3.色温度が変えられない

 

4.たくさんのカメラが置けない

 

5.壁紙のインストールの制限

 

6.出力画像サイズが小さめ

 

後からアップデートするなら

15ドルくらいトータルで多めに払うことになります

 

 set.a.light 3D - for Photographers

12月16日にアップデートされました。

内容をご紹介しようと思います。

 

表情の調整

まずは表情を調整できる様になりました。

今までは表情についての調整は全くできませんでした。

今回のアップデートでは

5種類の感情のスライドバーでの簡単調整や

それぞれのパーツの調整、顔のイラストのスライダーでの

調整ができる様になりました。

唇の上下やほっぺの緊張感を表現できます。

 

ちなみに5種類の感情は、happy(幸せ),sad(悲しみ),angry(いかり),saprised(驚き),disgusted(うんざり)。

カメラアングルとの組み合わせでさまざまなシチュエーションが作り出せます。

追加されたライトや小物、大物

車が追加されたり、さまざまなライトや小物が追加されました。

より幅広い状況設定が可能になります。

ちなみに車内にモデルを配置しての撮影も可能です。

そして、鏡(ミラー)が登場しました。

画像の反射だけでなく、ライトも反射させることができます。

表現するためのツール

このソフトのいいところは

何かを表現したいとき

それを形にして見せることができるところ。

 

セットやモデルを配置して

カメラポジションの画像をかくにんして

画像を保存。

 

その後フォトショップなどで文字入れなどをするといい。

より表現の幅の広がった

set a light.3Dをお試し無料ダウンロード

 

今現在はBLACK SUMMER SALE 期間限定コード発行中です!

(2022.7.12から4日間)

 

 

私自身

このソフトを使うことで

どんどん記憶の中のスタジオライティングを

ブログの記事にしています

 

スタジオ設計にも役立てられます

 

Follow me!

PAGE TOP