• 月. 5月 23rd, 2022

set a light 3D アップデート

 set.a.light 3D - for Photographers

12月16日にアップデートされました。

内容をご紹介しようと思います。

 

表情の調整

まずは表情を調整できる様になりました。

今までは表情についての調整は全くできませんでした。

今回のアップデートでは

5種類の感情のスライドバーでの簡単調整や

それぞれのパーツの調整、顔のイラストのスライダーでの

調整ができる様になりました。

唇の上下やほっぺの緊張感を表現できます。

 

ちなみに5種類の感情は、happy(幸せ),sad(悲しみ),angry(いかり),saprised(驚き),disgusted(うんざり)。

カメラアングルとの組み合わせでさまざまなシチュエーションが作り出せます。


追加されたライトや小物、大物

車が追加されたり、さまざまなライトや小物が追加されました。

より幅広い状況設定が可能になります。

ちなみに車内にモデルを配置しての撮影も可能です。

そして、鏡(ミラー)が登場しました。

画像の反射だけでなく、ライトも反射させることができます。

表現するためのツール

このソフトのいいところは

何かを表現したいとき

それを形にして見せることができるところ。

 

セットやモデルを配置して

カメラポジションの画像をかくにんして

画像を保存。

 

その後フォトショップなどで文字入れなどをするといい。

より表現の幅の広がった

set a light.3Dをお試し無料ダウンロード

Follow me!

kojo okumoto

「誰でもどこでも簡単に」撮影できるフォトブース導入コンサルティング。企業の40代〜50代のリスキリングを動画、写真の撮影、編集でサポート。

PAGE TOP