• 2022年9月26日 2:26 AM

NFTとメタバースと仮想通貨とワクワクが意味するところ

NFT(ノンファンジブルトークン)

他と交換することのできないものであるという証明ができる技術

 

今までデジタルで出来ているものは

コピーがどんどん出来てあまり価値のないものと認識していた

 

 

Oculus Quest 2―完全ワイヤレスのオールインワンVRヘッドセット―128GB

新品価格
¥37,180から
(2022/1/29 00:28時点)

 

 

ブロックチェーン技術の発展のおかげで

まずは仮想通貨のシステムが構築され

その技術がデジタルのマテリアルに応用され

取引が仮想通貨で行われることで実社会の通貨制度とも結びつき

あたらしい世界がつくられつつある

 

コピーが繰り返されるゲーム空間から

データーが固有のものかの様に感じられる商品に変わる

 

だから、仮想通貨とコネクトすることで

ただの消費でなくなる

 

これがワクワクポイントになる

 

NFT商品の内容

アートだったり

トレードカードだったり

ゲーム用の車や育てた育成ゲームの馬データー

ゲーム用の土地だったり、メタバース上の都市のアパートの権利だったりがある

 

そしてこれからも増えていく

 

OculusなどのVRゴーグルなら

Facebookで登録していて

決済方法のカード登録も済ませてあればスムーズに購入できる物件もある

(例えばmultiverseのifinityverse Betaでのアパート所有の場合はクレジットでメタコインを簡単に購入できる)

そのコインを使ってアパートやビルの一室を購入できる。入居状況で価格が上昇する。そして販売できる

 

Beta版でメタコインを円に変えることは現時点では出来ないが、将来的に他の仮想通貨などへの変更ができる様になると

実社会の様にメタバースの空間上で社会活動が行える可能性はあると信じている

 

とにかく、今は開発途中なのでセントラル付近と離れた都市での安い物件と分散して購入してみた

 

そしてコマーシャル利用してみることにする(社名とHPアドレスの告知)

 

 

人に目に付く可能性もある

表現方法も今後考えていく

 

実際にアパートのフロア購入とその活用について考える

海外のユーチューブを見てみると

2021年の12月ぐらいの状況で

finiityverseに入ってすぐ目の前の物件も安かったみたいな動画になっていた

そこも随分と値上がりしている状況

 

予算の関係とちょっと離れていた方が

仮想空間上を少し歩いて感じれていいと納得させて購入

 

目立つ様にしたかったので2階を選ぶことにする

 

二つ目はやっぱり見晴らしの良い物件と思い最上階狙いにする

そうするとどんどん郊外に行くことになる

 

しかし、価格の下降もかなりあるので

将来のこともあるのでビルを上から買う

 

ただ買って転売するだけでは面白くない

 

そこで宣伝材料として使用することを考えた

ビルのオーナーの写真を入れるところを文字にして

フォトショップでデーターを作った

 

ホームページでアクセスすれば写真の変更は簡単だ

注意担としてはフォルダー名は全てアルファベットを使用することくらい

あとは丸くトリミングされるので中央よりになる点

 

BETAということもあり

今後の展開に期待するとことばかり

 

今現在アクティビティはなにもない

人は見かけるが外を歩いている人はほぼいない

声だけが聞こえてくる(英語)

 

だれか日本語ではなしてほしい

ま、英語はなしてもいいけど

 

通貨はメタコイン

メタコインをオキュラスで登録しているクレジットカードで交換

アパートは上から買っていくと下の階を買うことで価格が上昇することが分かった

 

自分の物件には左手の選択からワープでいける

物件を見つけるときには地道に移動してまだ人の少ない街を見つけることになる

 

将来的にはメタコインを貯めて増やして

円やドル、他の仮想通貨に交換できる様になればいいなと

私も、多分他の人も、開発者も思っているはず

 

 

Follow me!

PAGE TOP