• 2024年6月15日 9:23 AM

NFTでは儲からないが機会の創出と創作経験が手に入る

By奥本 光城

2月 12, 2024 #AI, #NFT

投稿日:2024年2月12日 最終更新日:2024年2月12日 記事制作:奥本 光城

NFTで儲ける

NFT(Non-Fungible Token、非代替性トークン)は、デジタルアセットの所有権を証明する技術であり、アート、ゲーム、音楽、不動産など様々な分野で活用されています。NFTを利用して儲ける方法は大きく分けて4つあります。それぞれの方法について詳しく見ていきましょう。

1. 作って売る

自分でNFTアートやコンテンツを作成し、それをNFTマーケットプレイスで販売する方法です。作品が売れるたびに、クリエイターは利益を得ることができます。NFTアートの作成には、デジタルアートのスキルやアイデアが必要ですが、成功すれば大きな収益を得ることが可能です。

2. 買って売る(転売)

NFT作品を安く購入し、価値が上がった時点で高く売ることで利益を得る方法です。この方法では、市場のトレンドや価値が上がりそうなNFT作品を見極める洞察力が求められます。NFT転売には、マーケットプレイスでの取引が必要で、イーサリアムなどの仮想通貨を用いて行われます。

3. もらって売る

NFTのGiveaway(ギブアウェイ)やエアドロップを通じて無料でNFTを入手し、それを販売する方法です。この方法では、コストをかけずにNFTを手に入れることができますが、無料で手に入れたNFTが市場で価値を持つかどうかは不確実です。

4. NFTを共同制作してグループ内で分ける

複数のクリエイターが共同でNFTプロジェクトを立ち上げ、作成したNFTをグループ内で分配する方法です。この方法では、フラクショナルNFT(分割所有NFT)を利用して、1つのNFTを複数人で所有し、その利益を分け合うことができます。各方法にはそれぞれメリットとデメリットがあります。自分のスキルや資源、市場の動向を考慮して、最適な方法を選択することが重要です。また、NFT市場は非常に変動が激しく、投資にはリスクが伴うため、慎重に取り組む必要があります。

NFTで学ぶ

NFT(Non-Fungible Token、非代替性トークン)を学ぶことで得られる知識は、デジタルアセットの所有権を証明する技術の理解から始まります。NFTはブロックチェーン技術を活用して、アート、音楽、ゲームアイテム、不動産など、様々なデジタルコンテンツに適用されています。各NFTはユニークな属性を持ち、他のトークンとは異なる価値を持つため、デジタル世界における所有権の概念を根本から変える可能性を秘めています。

NFTの基本概念

NFTを学ぶことで、まず理解できるのはその基本概念です。NFTは、ブロックチェーン上で一意のデータとして記録されるデジタルアセットであり、その非代替性が特徴です。これにより、デジタルアートやコレクティブルなどのデジタルアセットに独自の価値を持たせることが可能になります。

ブロックチェーン技術の理解

NFTを学ぶ過程で、ブロックチェーン技術の基本的な理解も深まります。ブロックチェーンは、データを改ざんできない透明性とセキュリティを持つ分散型台帳技術です。NFTはこのブロックチェーン上に構築されるため、ブロックチェーンの仕組みや特性を学ぶことが不可欠です。

デジタルアセットの価値創造

NFTによるデジタルアセットの価値創造についての知識も得られます。NFTは、デジタルアートや音楽、ゲーム内アイテムなど、従来デジタルコピーによって価値が薄れがちだったデジタルコンテンツに、唯一無二の価値を与えることができます。これにより、クリエイターやアーティストが直接収益を得る新たな方法が生まれています。

NFT市場とトレンドの理解

NFTを学ぶことで、NFT市場の動向や最新トレンドについても理解を深めることができます。NFT市場は急速に成長しており、新しいプロジェクトやアイデアが次々と登場しています。市場の動向を追いかけることで、NFTの可能性や将来性についての洞察を得ることができます。

実践的なスキルの獲得

NFTに関する知識を深めることで、実際にNFTを作成、購入、販売するための実践的なスキルも獲得できます。NFTの作成には、デジタルアートの制作技術やブロックチェーン上でのスマートコントラクトのデプロイなど、多岐にわたる技術が関わってきます。また、NFTマーケットプレイスを利用した取引方法についても学ぶことができます。NFTを学ぶことは、単に新しい技術やトレンドを理解するだけでなく、デジタル時代における価値創造や所有権の概念を深く理解することにもつながります。

Aiの台頭とNFTの未来像

Aiで生成できるものが増えています。画像、音楽、3Dデーター、文章、動画といったところでしょうか。1番重要なのは文章で、全てを文章で処理することでシステマティックに生成されているのです。

NFTはデジタルデーターを唯一無二と証明して売買できる画期的な思想だったのです。今後も誰でもデジタルデーターに製作者の証明書をつけて全世界に向けて販売できる方法として存在して行くでしょう。しかし、生成Aiの精度が上がるにつれ収集欲だけで売れる時代はもう来ないと考えます。生成Aiによって個人的な個人用の画像がどんどん生成できるのです。

NFTは会員証化すると仮定しています。実際に同じNFTを持っている人との繋がりの証となっています。それ以上でもそれ以下でもない、そんなデジタルデーターです。

一年ほどの間、Xではプロフィールを6角形で表示できるサブスクリプションがありましたが、2024年の初めサービスは終了しました。NFTを使う何かは他に見当たりません。

NFTを作るには、OpenSeaを使う方法が簡単です。現在、OpenSeaで独自コントラクトも作れます。作るためにはガス代と呼ばれる手数料が必要です。まずメタマスクに登録します。販売所に銀行口座から入金した日本円でイーサリアムを購入して、メタマスクに送ります。メタマスクでOpenSeaにログインして始めます。サイト用のサムネイルが必要です。フォトショップでの作成がおすすめです。わからないことを調べながら進めていく、地道な作業です。英語もたくさん出てきますから、学ぶことは多いでしょう。下記リンクは私が作っているNFTです。

https://opensea.io/photosalut/created

先の見えない時代、何が正解かわかりません。その過程から得られるものを最大化することが現代を生き抜く知恵です。数年前にやると決めて始めたNFTの制作過程でジェネラティブに出会いました。機会的にレイヤー画像を組み合わせてたくさんの画像を作る手法です。この考え方は作画だけでなく重要なものだと認識しています。世の中の構造をレイヤー化して組み合わせるのです。きっとNFTもAIも現代の一部分なので、もう今は失敗したなとおもう仮想空間であっても将来どうなるかなんて誰にもわからないのです。

Follow me!

投稿者プロフィール

奥本 光城
奥本 光城株式会社フォトサリュ代表
写真好きカメラ業界経験30年。カメラ店勤務からグリラーメーカー、そして国産ストロボメーカー、アルバム製造機材販売専門商社を経て、株式会社フォトサリュを設立。ネット活用を映像と想像力で構築し生成AiやNFT制作、動画編集にも着手。様々な方法を融合して個人のブランディングをお手伝いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


PAGE TOP