• 2024年5月19日 4:13 PM

誰も教えてくれない!set.a.light 3Dで独学ライティング

By奥本 光城

10月 27, 2023

投稿日:2023年10月27日 最終更新日:2023年10月27日 記事制作:奥本 光城

「光の探求者 – ストロボライティングの隠れた道」

第一章: 未知の扉を開ける

陽介は、風景やポートレート撮影に情熱を注ぐ若手写真家だった。自然光を巧みに使った彼の作品は一定の評価を得ていたが、照明技術に関しては自己流に留まっていた。地元の写真コンテストに出品した彼の作品は、その技術の未熟さを指摘される結果となった。「もっと光を操る技術が必要だ」との審査員のコメントが、陽介の心に深く刻まれた。その時、彼はストロボライティングの勉強を決意する。しかし、周囲に頼れる師匠もおらず、インターネットでの情報も散発的で役に立たないことに気づく。陽介は知識のない中で試行錯誤を始めるが、思うように進まず、挫折を感じ始めていた。

第二章: 闇の中の一筋の光

陽介のストロボライティングへの挑戦は、苦難の連続だった。光のコントロールが思うようにいかず、理想の写真は遠い夢のように感じられた。そんな中、地元の写真展で偶然出会ったのが、かつて数多くの賞を獲得し、今は隠居生活を送る渡辺先生だった。渡辺先生の作品に感動した陽介は、勇気を出して彼にアドバイスを求めた。最初は渋る渡辺先生だったが、陽介の純粋な情熱に心を動かされ、彼を指導することを決意する。

渡辺先生の指導は厳しく、基礎から徹底的に教え込まれた。ストロボの基本的な使い方から始まり、光の質感や方向、シーンに合わせた光の調節方法など、幅広い知識と技術が陽介に伝授される。渡辺先生のもとでの訓練は、陽介にとって新たな光の世界への入り口となった。光と影を操る技術を徐々に身に付けていく過程で、陽介は写真に対する自身の見方が根本から変わり始めていることに気づく。この時、陽介はただの写真家から、光を操るアーティストへの第一歩を踏み出していた。

第三章: 試練の時

陽介のストロボライティングへの挑戦は、渡辺先生の厳しい指導のもとで続いた。初期の頃は失敗の連続で、なかなか思い通りの光を作り出せなかった。被写体の表情が硬くなったり、光の角度が適切でなかったりと、細かい部分での課題が浮き彫りになる。しかし、渡辺先生は決して手を抜かず、基礎から応用まで丁寧に指導してくれた。

この期間、陽介は光の質感や方向、強度の調整を学び、どのような環境下でも柔軟に対応できるスキルを身につけていった。特に、異なるシナリオや被写体に合わせて照明をセットアップする技術は、彼にとって大きな成長のポイントだった。夜遅くまで練習を重ね、何度も試行錯誤を繰り返す中で、陽介は徐々に独自のスタイルを見つけ始める。

渡辺先生の下で過ごした数ヶ月間は、陽介にとって光と影との格闘の日々だった。しかし、その過酷な訓練が彼の技術を飛躍的に向上させ、自信に満ちた表情で写真を撮る姿が見られるようになった。この章の終わりには、陽介が一人前の写真家として独立する準備が整い、再び写真コンテストに挑む決意を固める場面で締めくくられる。

第四章: 光の向こう側

数ヶ月の厳しい訓練と実践を経た陽介は、変わり果てた。一度は手にしたが最終的に失望を感じた地元の写真コンテストに再び挑む日が来た。今回、彼が選んだのは、ストロボライティングを駆使した繊細かつドラマチックなポートレートだった。光と影を操る技術が、被写体の感情や物語を強調し、観る者に深い印象を与える作品となった。

コンテストの会場では、陽介の作品に対する賞賛の声が鳴り止まなかった。審査員からは、光の使い方の巧みさや、被写体との調和が称賛され、彼の写真は最高の評価を受けた。陽介の作品は優勝を飾り、彼の名は一躍注目を集めることとなった。

この成功は、陽介にとって単なる勝利以上の意味を持っていた。長い間の努力、挫折、そして再挑戦の果てに得た達成感は、彼のアーティストとしての自信を大いに高めた。この経験を通じて、陽介は自分自身と光の関係を再定義し、写真家としての新たな道を切り開いた。この章の終わりは、陽介が新たな創作活動へと意欲を燃やすシーンで幕を閉じる。

第五章: 新たなる旅立ち

コンテストでの輝かしい勝利の後、陽介は新たな旅立ちを迎える。彼はもはや地元の小さな写真界の中だけの存在ではなく、その才能が広く認められるようになった。写真家としての自己表現の幅が広がり、新しいプロジェクトや展示会の依頼が次々と舞い込むようになる。

この章では、陽介が新たな挑戦に向かって進んでいく姿を描く。彼は自分だけのスタジオを設立し、さらに多様な写真表現に挑戦することを決意する。渡辺先生との師弟関係も新たな段階に入り、今や彼は渡辺先生から学ぶだけでなく、共に作品を創り上げるパートナーとして尊敬を集める。

陽介の作品は、国内だけに留まらず海外でも注目されるようになり、国際的な写真展への参加も果たす。彼の写真は、ただ美しいだけでなく、それぞれの作品に込められたメッセージや感情が観る者に強く訴えかける。彼の作品に対する評価は、写真技術のみならず、芸術としての深みをもたらすことで高まっていく。

誰も教えてくれない!set a light 3Dで独学ライティング

1. set.a.light 3Dとは何か?

  • 疑問: set.a.light 3Dってどんなソフトウェア?
  • 回答: set.a.light 3Dはモデルや物体をシュミレーション空間内に配置し、ストロボ機材の調整をして写真撮影をすることのできるソフトウエアです。画像の保管や、撮影時のセッティング場許の保存もできます。また、コミュニティでは愛好者の写真に触れ、撮影状況をダウンロードすることが可能です、特に、写真撮影やビデオ制作における照明計画を具体的に示すことが可能になるの唯一のソフトウエアです。ウインドウズかMacでご利用いただけます。

2. なぜset.a.light 3Dが有用なのか?

  • 疑問: 実際の撮影経験と比べて、set.a.light 3Dを使うメリットは?
  • 回答: ソフトウェアでシミュレーションすることのメリットは機材の有無に関係なく、ストロボライティングを経験できることです。例えば先ほどの物語であれば渡辺先生の講義を機材を持っていない陽介でも疑似体験することができるのです。同時に自分らしくアレンジして自分のライティングを追求することもできるのです。自分で再現すると、新しい発見もあります。撮影の意図を理解するのに役立ちます。実は写真学校に行くよりコスト削減になります。実際の機材のセッティングに比べると時間の節約にもなります。また、アクセサリーの細かな設定も変えられます。定常光とのミックス環境も作れるなど、様々な照明設定の試行錯誤が可能です。

3. 基本的な使い方

  • 疑問: set.a.light 3Dの基本的な操作方法は?
  • 回答: ソフトウェアの基本的なインターフェースは、「セットアップ」「ビュー」「エクスポート」そして「コミュニティ」です。セットアップで各種設定をして撮影実習をします。ビューでは簡易的な撮影画像をレンダリングすることでシュミレーションを反映させます。エクスポートでは撮影時の環境を記録することができます。コミュニティーではいろんな人の様々なライティングに触れることができます。ファイルに名前をつけて保存して、撮影して、レンダリングして、記録する流れです。

光のことを試行錯誤する

機材を持っていることが重要な業界になります。先輩について機材を調整するカメラマンのアシスタントをしてライティングを覚えます。高額な機材を買って独立することになります。機材を傷つけることは許されません。コードを踏んでしまい、ひどく怒られた経験を持つカメラマンさんのお話を聞く経験もしました。本来、光を読んでライティングすることは楽しい行為です。被写体の魅力に光を当てて描写する行為です。しかし、機材がなければ何もできません。この記事をご覧いただいたなら、15日間無料お試しをしてPCとの相性を確認してから、ソフトウエアの購入をお勧めします。

もしも、将来的にご購入なら割引コード「KOJO-10」と入力して見てください。割引になります。

set.a.light 3D - for Photographers

Follow me!

投稿者プロフィール

奥本 光城
奥本 光城株式会社フォトサリュ代表
写真好きカメラ業界経験30年。カメラ店勤務からグリラーメーカー、そして国産ストロボメーカー、アルバム製造機材販売専門商社を経て、株式会社フォトサリュを設立。ネット活用を映像と想像力で構築し生成AiやNFT制作、動画編集にも着手。様々な方法を融合して個人のブランディングをお手伝いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


PAGE TOP