• 2023年1月29日 11:49 PM

第3回「自作ディフューザーボックスを作ってみる」意味

By奥本 光城

9月 28, 2020

投稿日:2020年9月28日 最終更新日:2022年7月17日 記事制作:奥本 光城

光を柔らかくして影の描写のコントロールをする為

ストロボを直接向けると

硬い光で影が強く出ます

 

そんな時できること

 

反射光にするか

透過光にするかの2択

 

どちらも発光面を大きくしてあげることで

柔らかい光を作ることです

 

反射光

ストロボの光を反射板や天井や壁に向けて照射し

その反射光で写真を撮ります

 

反射させる面の色に気をつける必要があります

意図的に反射させる面の位置を選べば

その方向からの大きな光を作ることができます

 

透過光

半透明な物質を通して光を作ります

ストロボの熱に気をつければビニールでも

ゴミ袋でも、まな板の薄いので使えます

 

反射光と透過光

箱の全面に半透明のシートを配置したもので

箱の内部反射光を前面の半透明膜を通して利用します

ボックスなので向ける方向で光の方向性もコントロールしやすくなります

 

 

 

家にある素材で気取らないソフトボックス制作

 

家で出る不用品を素材にして作ってみました。

 

 

 

検証もしてみました。

影の出方については効果がありました。

 

合わせて、色温度の設定など為になるかもの内容です。

 

動画をゆっくりと見る時間のない方にご説明します!

 

 

使い終わったティッシュボックスをカットする

 

ディフューザーを貼りやすいように、フチを残してカットしました。

4辺の内、1辺を残して切りました。そしてカットした面の中央部にスリット状の窓状の切り込みを入れました

 

 



不要のレジ袋をカットする

 

白い部分を中心に見つけて

適当なサイズにカットします

 

カットしたティッシュボックスに貼り付ける

 

テープでざっくりと貼り付けます

 

撮影してみる

 

撮影してみると

光量も落ちますし

色温度も変わっちゃうので写りの色合いも変わります

 

光量の調節

 

ディフューザーをかましたぶん、光量を上げます

今回は2〜3段位上げました

 

ホワイトバランスの設定

 

ホワイトバランスをオートじゃなくて

プリセットホワイトバランスを選択します

そしたら、白い紙、白い背景紙、18%グレーのボードなどを撮影します

 

補足

 

出来れば、発光部をカメラのホットシューから外して使用したいところ

そんな時には

 

GODOX FC-16N 送信機 受信機セット2.4G 16チャンネル フラッシュリガーシャッター スタジオストロボトリガーシャッター カメラシャッター NikonカメラD800E D800 D700 D300S D300 D200 D4 D3S D3X D3 D2Xsなど対応 (ニコン用)

新品価格
¥2,990から
(2020/9/28 19:20時点)

動画でもご覧頂けます

 

チャンネルでは写真の話題を中心にしています

 

ご登録いただけるとがんばれます

 

 

それではまた今度!

ライティングの基礎はこちらに記事を書いてます。