• 2024年4月20日 5:26 PM

撮影ブース・撮影部門を自社で持つことの重要性:コロナ禍を経て変わる経済・経営環境

投稿日:2024年3月1日 最終更新日:2024年3月2日 記事制作:奥本 光城

コロナウイルス感染症(COVID-19)の世界的大流行は、多くの企業にとって未曽有の試練であり、経済・経営環境にも大きな変化をもたらしました。このような変化の中で、企業が自社で撮影ブースや撮影部門を持つことの重要性が、これまで以上に高まっています。

デジタル化の加速

コロナ禍の最大の影響の一つは、ビジネスのデジタル化が加速したことです。対面での商談やイベントが制限される中、企業はオンラインでのプレゼンスを強化せざるを得なくなりました。この過程で、高品質なビジュアルコンテンツの重要性が増しています。自社製品の魅力を伝えるためには、プロフェッショナルな写真やビデオが不可欠であり、これを内製できる能力は企業にとって大きな強みとなります。

リモートワークの普及

リモートワークの普及は、企業の働き方に大きな変革をもたらしました。これにより、社内のリソースを柔軟に活用することが可能になり、撮影部門もその一例です。社内に専門の撮影スペースを設けることで、社員がリモートで作業しながらも、必要に応じて高品質なコンテンツを制作できる環境を整えることができます。

ブランドイメージの強化

消費者行動の変化に伴い、企業はオンラインでのブランドイメージの強化に注力する必要があります。消費者はインターネット上で商品やサービスを比較・検討し、購買決定を行うため、魅力的なビジュアルコンテンツは消費者の関心を引き、製品への興味を高める効果があります。自社で撮影ブースを持つことにより、迅速に市場のニーズに合わせたコンテンツ制作が可能になり、ブランドイメージの向上に貢献します。

コスト削減と効率化

外部のスタジオやプロダクションに依存することなく、自社で撮影から編集まで一貫して行うことができれば、コスト削減と効率化を実現できます。特に、新商品の発売が頻繁にある企業や、季節ごとにプロモーションを行う企業にとって、この柔軟性は大きなメリットとなります。

いつか自社撮影スタジオを作りたい!高品質なビジュアルコンテンツ制作に適した撮影環境入門

結論

コロナ禍を経験し、新たな経済・経営環境が形成される中で、企業が自社で撮影ブースや撮影部門を持つことの重要性は、これまで以上に明確になっています。デジタル化の加速、リモートワークの普及、ブランドイメージの強化、コスト削済と効率化の観点から、自社でのビジュアルコンテンツ制作能力は、企業が直面する多くの課題に対する有効な解決策となり得ます。今後も、この能力を強化し、維持していくことが、企業の持続可能な成長と競争力の維持に不可欠です。そのためにどんなスタジオを作るべきか考える必要があります。

Follow me!

投稿者プロフィール

奥本 光城
奥本 光城株式会社フォトサリュ代表
写真好きカメラ業界経験30年。カメラ店勤務からグリラーメーカー、そして国産ストロボメーカー、アルバム製造機材販売専門商社を経て、株式会社フォトサリュを設立。ネット活用を映像と想像力で構築し生成AiやNFT制作、動画編集にも着手。様々な方法を融合して個人のブランディングをお手伝いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


PAGE TOP