• 2022年9月26日 3:15 AM

動画制作に必要なことをまとめてみる

動画に必要なものは使いやすいソフトと著作権をクリアした音源と素材

 

音声素材収集

著作権フリーの中にいいものが少ないので

サブスクで一年位貯めておくといい

 

特におすすめは「artlist」

好みはあるだろうが結構ハマった楽曲は多い

 

 

効果音も

たくさんは使う機会がないけれど

その都度ためておきたい

 

まずは興味を持って収集する

 

アニメーション作成ソフト

 

様々なソフトがある

その中の一つはMotion5

 

 

文字をアニメーションかできたり

図形の表示方法を変えたり

様々な加工ができる

 

 

 

そしてそのほかにホワイトボードアニメーションのソフトがある

私は「Doodly」を使っている

 

 

文字に集中して

話したい内容を映像化できる

 

 

動画のオープニングなどで使ったり

途中で内容をおさらいしてまとめたい時などに使える

 

自身の画像を導入して使ううこともできる

 

 

次に挙げたいのはアニメーションソフト

これを使うとアニメが動かせる

Toonly

 

 

表現したい内容で

 

様々な選択肢から必要なものを選ぶ

 

 

インサート画像が作れる

 

 

そして次にあげるのが

言わずと知れた「photoshop」

 

写真を選択して

動かしてgifアニメーションの作成が可能になる

 

 

 

もちろんサムネイルを作ったり

規定サイズの画像データーを書き出したらり

様々なシーンで使用頻度の高いソフト

 

「affinity design」はアイパッドやPC版で使っている買い切りソフト

写真をトレースしてイラストを作成したり

オプションで付け加えられる特殊効果も使用可能

 

 

動画編集ソフト

 

FINAL CUT プロⅩ を愛用している

 

Motion 5と連動して使っている

 

そして「Tourbox」を使うことで

コマ単位での編集が可能になり

ミスがなくなる

 

そう

ダイヤル式の編集用ジョグが必需品

 

TourBox NEO ツアーボックスネオ 動画 画像 編集 クリエイター の究極の コントローラー 左手デバイス 片手デバイス OJストア日本正規代理店 (本体)

新品価格
¥21,980から
(2022/7/19 23:18時点)


一コマ残ってしまって

後で気づくなんてこと

あるあるなのですが

ダイヤル式のコントローラを使うことで

ミスがなくました

 

 

カメラ

動画が撮れるカメラというだけじゃない

それぞれの特徴を使いこなす

 

例えば一眼レフタイプのカメラなら

絞りを浅くして背景をぼかした雰囲気のある動画が撮りたい

 

その為の照明や三脚、NDフィルターなどアクセサリーや

シャタースピードと1秒間の撮影コマ数、フリッカーに対する知識などを持って撮影する

 

そのほかにもアクションカメラや360°カメラ、2眼VR用カメラ(レンズ)など

様々な試聴環境に合わせた機材選びが必要になる

 

音声録音機材

PCM録音機やステレオマイク、ピンマイクなど

音声に関する装備は動画本体のの画質より大切になる

音の悪い動画は最後まで見れない

 

シナリオ的感覚

映画のシナリオ関連の書籍など

とても勉強になる

 

ペラの広告デザインも

シナリオも

共通点がある

 

人の注意や思いを誘導する為の術

 

色覚や響きなど5感に訴求する

 

情熱

絶対的に表現するという強い心

 

プロの定義は

めんどくさいことをする人と仮定しよう

 

一般の人なら見過ごしそうなことを

きっちりとこなすことで

それに触れた人を幸せに、心地よくする

 

それには

タイミングのコマ数をカウントしたり

テロップの表示位置を縦横座標をしっかり記録したり

画像素材の色の違いを細かく修正したり

文字と文字の間隔を調整する必要があるかも知れない

 

だから時間もかかるし体力も使う

 

7.それでも私が表現したいこと

それはNFTの世界

「Cookirickey」や「Doggyrickey」といったキャラを作って

OpenSeaで販売している

 

購入者はそれをもうすぐ日本でもサービスが始まるであろう

Twitter blue」というサービスで自身のアイコンに設定できるようになる

 

 

Follow me!

PAGE TOP