• 2022年9月26日 2:59 AM

写真の撮り方を学びたい人向けストロボライティング練習ソフト

 set.a.light 3D - for Photographers

 

 

 

 

 

私がおすすめするは上記のソフト

 

set.a.light 3D

唯一無二のソフトウエア

 

お試しダウンロードで

まずは使ってみてください!

 

スタジオライティングが学べます

 

毎日ライティングできる撮影が楽しくなるソフト

例えば毎日

ソフトを開いて

スタジオのサイズを選んで

ライティングしてみる

 

写真を撮るの繰り返し

 

被写体は

選べるモデルと衣装と髪型の組み合わせ

他にも車とかも含めて

さまざまな被写体を選べる

 

家具もあるので

自宅撮影もシミュレーション可能

 

 

 

SETUPのところで

仮想スタジオ内の家具やモデル、髪型や服装

カメラ位置やストロボ機材のセッティングを行います

 

その後、リターンキーか撮影ボタンのクリックで撮影

ある程度撮影が進んだら

FILE→Save Project Asでファイルを保存しましょう

 

VIEWのところで画像をレンダリングするとフォルダーに画像が保存されます

EXPORTのところで上記画像のような説明用の画像をJpegかPDFで出力することが可能です

 

しかも

COMMUNITYのところでは

さまざまな作者の撮影例をダウンロードして確認することができるんです

 

良い写真やセットを見つけたら

積極的にダウンロードするととても勉強になります

 

このソフトお試しでずいぶん楽しめます

PCのスペック的に問題がなければ

課金すると良いでしょう

 

set.a.ligh ダウンロードページ

BASIC と STUDIOがありますが

私はスタジオのサイズを自由に決められるという理由でSTUDIOにしました

 

お試しダウンロードでその違いをご確認ください

 

実際の撮影と違う点

ストロボの光は瞬間光なので

ストロボメーターで絞り値という形で計測します

 

撮ってみなければ

わかりません

 

定常光の影響も

実際とは違うでしょう

 

でも

それを差し引いても

撮影の基礎を学ぶのに

十分な機能が整っています

 

グリッドをつけて

光の照射角度を調整したり

バウンス光を使ったり

 

その効果を確認しながら

大体の撮影企画を立てられます

 

人物のポージングと表情

このソフト

都度都度、アップグレードします

 

私の導入時は

表情の項目がありませんでした

 

最近のアップデートで

表情をコントロールできるようになりました

 

ポージングも

最初からインプットされているものもありますが

自分で設定して記憶させることも可能です

 

関節をうごかしてポージオングすることもできます

手の指の開閉も動かせます

elixxier set.a.light 3D STUDIO

 

今日のライティング

今回のライティングは

基本挟み込みライティング

 

光質の違うアンブレラとソフトボックスの挟み込みで

被写体の写りを調整

 

背後の壁にアクセントとしてライトを1灯入れています

 

左右のライトの光量は同じでも

被写体までの距離と使っているアクセサリー(アンブレラとソフトボックス)

の違いがあります

 

同じもので挟むのもきれいです

そんな風に

すぐに試してみれるのです

 

とても面白いですよ

set.a.light 3D - für Fotografen

Follow me!

PAGE TOP