• 火. 5月 24th, 2022

リングライトの効果とネット配信を意識したライティング

リングライトの効果(円柱)

まずはリングライトで撮った円柱の写真を見ていただこう。

一番最初にいいたいのは

ストロボの位置に近いところにハイライトが入るというところ

そして影が外に向かってつくので

エッジのところや影が外に向かってグラデーションをつくる

リングライトでの人物撮影

人物で使えば次のような写真になる

影が外に向かってできる。

そして顔の中心部や足などのライトに近いところにハイライトがはいる。

 

次に挙げられるのがベストなフィルライトという点。

特に色出しライトといえるだろう。

 

忠実な抜けのいい写真をつくるためのフィルライトである。

 

自動化で80%以上の時間削減 マネーフォワード クラウド確定申告

3つ目に上げたいのはキャッチライトが丸くなること。

ただし、半身でかなりライトを近づけなければ効果は出にくい。

でも丸くはいるキャッチライトは魅力的だ。

なるべく大きいリングのものを選ぶといい。

 

写真用のストロボヘッドはとてつもなく高価だ。

発光管を一周させるのは大変だからだ。

 

写真のストロボならかなり近づかないとキャッチライトでの高価は望めない。

 

LEDなどの定常光でネット中継をするなら一つはほしい。

キャッチライトとメインライトとの関係性

やはり一番手前にハイライトを入れてくれるのと同時に

色の再現性を良くするフィルライトとして使いたい。

 

完成形として組み立てたのはこんな感じのライティングだ。

ビューティーライトとしての活用

丸いライトの場合、顎の下の影が出にくい。

実際にはお部屋のシーリングライトなどベースライトがプラスされるので

上の作例ほど背景は暗くならないだろう。




 

インターネット配信

ちょっと奥からの半逆光の光を意識したライティングがかっこいい

照明の露出は

メインライトを基準にする。エッジを際立たせるハイライトをつくる。

暗くなりすぎた背景に別のライトをフラットにあてる。

3灯で済まそうとも思ったけれど

背景が暗くならないようにする為にはもう一斗必要だった。

 

そしてLEDなどを使っての動画の撮影時は

どうしても絞り値が浅くなります。

 

感度を上げたりしながら絞り値を調整して必要な被写界深度を保持します。

 

 

最後までご覧いただきありがとうございます。

もしもライティングでお困りの事があればご相談下さい。

 

写真館的スタジオライティングの基礎的解説

 

※スタジオのシュミレーションソフトを使って解説しています。

「set.a.light 3D」お試しダウンロードがおもしろいです。

 

 

Follow me!

kojo okumoto

「誰でもどこでも簡単に」撮影できるフォトブース導入コンサルティング。企業の40代〜50代のリスキリングを動画、写真の撮影、編集でサポート。

PAGE TOP