• 火. 7月 5th, 2022

ムービー動画広告は目を引く効果的な宣伝の長さ

写真でこんにちは株式会社フォトサリュの奥本です

 

今日は宣伝に動画使用という点について考えてみます

 

ツイッターでの感想

文字だけより

写真

写真より動画のような印象です

 

 

Twitterではそのツイートへの反応を確認できます

写真や動画、文章のみやハッシュタグ、メンションなど

さまざまな方法で結果を確認することが可能です

 

 

頻度とボリューム、ハッシュタグやメンションなど

さまざまな要因をミックスすることで効果が出るように考えます

 

 

Twitterでの動画広告

Twitterではそのツイートへの反応を確認できます

写真や動画、文章のみやハッシュタグ、メンションなど

さまざまな方法で結果を確認することが可能です

 

動画は見やすくて短いのがいいという感想

例えば

 

 

18秒ほどの画像です

Twitterならちょうどいい感じか長く感じるので

6秒で作ったら

こんな感じになります

 

 

 

もう少し見たいなぁ

それくらいでいいのでしょうか

 

そこで9秒くらいでまとめてみました

 

このくらいがちょうどいい気がするのですが

内容にもよるでしょう

 

思いったったらすぐにできる環境を整えました

 

物事は準備が全てです

 

将来に必要になるだろう技術を仮定し

それに必要な機材やソフトなどを揃えておきます

 

業者にお願いして

頼むと時間がかかるので

私は数分で作ることが多いです

 

NFTを制作して

マーケットに並べたらすぐに動画や静止画で

宣伝する必要があります

 

時間が全てです

他の人がする前に制作して告知することが重要なのです

 

もしも短い動画宣伝制作に需要があれば

コンタクトお待ちしています!

 

 

それではまた、

写真でこんにちは!
株式会社フォトサリュ 代表 奥本光城

https://photosalut.com/ (写真や動画などと最近流行りのNFT作成などを解説しています)

https://linktr.ee/photosalut (オープンシーやヘキサなど販売サイトやツイッターなどSNSへのリンクです)

Follow me!

kojo okumoto

「誰でもどこでも簡単に」撮影できるフォトブース導入コンサルティング。企業の40代〜50代のリスキリングを動画、写真の撮影、編集でサポート。

PAGE TOP