• 水. 7月 6th, 2022

NFTを作ることが宣伝キャラクターを育ててSEO対策になる

 

なぜNFT制作がSEO対策になるのか

 

NFTは世界に向けて販売する商品として

その作成方法や販売方法に価値がある

 

メタバーズでもTwitterでも

実際の商品を介したサービスの場合、リスクを伴う

 

中国などの通販サイトで商品を買うと

保証があるので届かない場合は問答無用で解約するといいが

個人で海外と実商品の取引をするのはそれなりの経験と知識が必要だ

 

それを考えるとNFTの販売はとても価値がある

知識と経験は同じ様に必要だとしても

リスクの部分では軽減できる

 

ただ、ワレット内の仮想通貨の盗難が多いので

全くリスクがないわけではないので注意が必要だ

 

とにかく調べて

(最新の情報)を仕入れる

 

NFTを作る

イラスト的なものや

3Dモデリング

 

自作曲を作ったり

動画編集したりする

 

NFTを作っていく中で出会った

機械的にイラストを生成する方法などは

全て自分でユーチューブで調べて実践している

 

Photoshopを使いイラストを加工したり

動かしたり

 

今は

自分の関心のあることを

形にしている毎日

 

写真の加工でも

フォトショップでの切り抜きでも

ちょっと頑張れば

挿絵や会員証のようなNFTを作ることが可能

 

ちょっと前に書いたNFT関連記事はこちら (どちらかというと今私のできることの説明です)

これくらいのことを

自分で出来ると良いなと思ってほしい

 

そして

それらは他の人のためにすると料金が発生する

それは裏返せば人にやってもらうと費用が発生することを意味する

 

自分の会社のコンテンツ制作の時間で

お客様のコンテンツづくりをすると

費用が発生する

 

NFTを販売することを考える

たくさんの人の目に触れることが重要になる

 

だから

宣伝する

 

宣伝して行動に移してもらう

 

その宣伝の為のホームページにたくさんのアクセスがあれば

購入確率は上がる

 

そのための導線をデザイン

 

その時使えるのが

NFTとして制作したイラストや動画

 

 

純粋にNFTを作って販売したい場合にも

ホームページを作ってそこで自分の作品をどんどん宣伝する

自分の場所を持つことが重要

 

レンタルサーバーでホームページを作り方はこちらにて

 

起業したら絶対的に必要なネットでの集客

ネットでの集客には時間がかかる

SEO(サーチエンジンオプティマイザー)といって

良い記事を書くことでGoogleなどの検索順位を上げることで集められる

 

そのためには

なるべく上質な

お役立ち情報を記事化していく必要があるのだ

 

起業した内容についての

カタログ的な部分(静的コンテンツ)と

お役立ち情報の日々更新される新情報(動的コンテンツ)から

ホームページを設計、運用することになる

 

起業して登録すると

ほぼ自動的に

プライバシーがなくなる

 

顔を出したくなければ

起業はできないと私は感じている

 

起業する前はそんな度胸などなかったが

起業してしまえばそうも言ってられないし

なるべく正確な情報発信をしていくことで

顧客満足度を上げることに

顔出しは必須と考える


そして

 

検索で引っかかるためには

その都度最新のニュース記事などと

自分の知識の接点を探して記事を書くことが有効になる

 

いつも社会情勢を見据えて

社会の人に対するお役立ち情報を

素早く記事にして自分の提供できるサービスと関連付ける

 

私の場合

一番みられているサイトは

「gamam」の検索記事

 

GAFAMがGAMAMになった日は世界が「お風呂でガマン」になった日

興味をそそられるまま

GAFAMのうち、FのFacebook社がメタに会社名を変更する時に

それならいっそ、中国の企業集合の名称であるBATHも記事にしてしまったもの

 

記事を工夫して書いて上位検索結果に上がる気持ちの良い経験をして

さらに記事を書くことが楽しくなりました

 

とにかく自己表現をすることで

知識として定着する側面を第一に

望まれる記事を作りたいものです



Follow me!

kojo okumoto

「誰でもどこでも簡単に」撮影できるフォトブース導入コンサルティング。企業の40代〜50代のリスキリングを動画、写真の撮影、編集でサポート。

PAGE TOP