• 火. 5月 24th, 2022

集合写真におけるメガネの反射に対応する

写真でこんにちは!

株式会社フォトサリュの奥本です。

 

今日のテーマは永遠のテーマと言ってもいいくらいの

「集合写真における眼鏡の反射に対応する」件です。

 

集合写真における眼鏡の反射

まずはこちらを御覧ください。

カメラ位置の高いポジションに

ストロボをセッティング。

ちょうど角度的に5段目の人のメガネに跳ね返って写り込んでいます。

レンズの質にもよります。

フレームの反射がひどい場合にはデジタル加工する場合もあります。

 

撮影時に気を付けられること

多くはありません。

反射が犯人ですから、

反射した光を逃して、レンズに取り込まないことです。

 

人物に顎を引いてもらい(2重顎にならない程度に)

写すことが必要です。

 

また、カメラのレンズ位置から話してストロボを設置すること。

光質にこだわらないで点光源で効率よく光をあてることなどが求められます。

顎を引きたくない場合(体型的に)

そんなときはストロボの位置をなるべく高くしましょう。

あるいは高いところに人を並べない様にして広がらせて撮りましょう。

良いことだけではなくて

影の出方が気になりはじめます。

 

程よい高さで、顎を引き気味で撮って

ひどい場合は画像修正という形になりそうです。

 

集合写真のまとめ

人数がどれだけいて

背景をどれだけ写し込んで

そんな感情が沸き起こります。

 

行事の最後や会合の最後で撮ることが多いと思います。

あるときは上座に集まって、

あるときは展示物の前で。

 



出来たら単独のスタンドにストロボを立てて

光軸をずらした撮影が望ましい。

 

赤目に写るのを防止してくれるし、

少し顎を引いてもらえれば眼鏡の反射も最小限にできるんです。

 

わかってはいるけど、なかなか出来ないものです。

 

過去記事もどうぞ!ピント位置などについて書いています。

業務用ストロボを使った集合写真の撮影方法

 

そして私が説明で使っているソフトはこちらです。

 set.a.light 3D - for Photographers

Follow me!

kojo okumoto

「誰でもどこでも簡単に」撮影できるフォトブース導入コンサルティング。企業の40代〜50代のリスキリングを動画、写真の撮影、編集でサポート。

PAGE TOP