• 2024年4月20日 4:35 PM

販売促進用に仮設・常設の撮影ブース導入を検討する新店舗業態

By奥本 光城

4月 11, 2021

投稿日:2021年4月11日 最終更新日:2023年10月20日 記事制作:奥本 光城

なぜ撮影ブースを販促に利用するのでしょうか

感染症のパンデミックで人々の購買行動は劇的に変化しました。

実店舗とネット販売のハイブリット経営が必要不可欠です。

そこで、全ての店舗設計の中に撮影ブースを作ることを提案いたします。

それぞれのお客さまにそれぞれの提供サービスがあります。

撮影するというアイデアをプラスして

新しい価値創造をしませんか?

例えばネットでの自社製品の広告宣伝用の写真撮影を内製化して、

ホームページを運用すればスピード感を持って広告できます。

実店舗に足を運ぶ際も、お客さまはネットで調べてご来店されます。

ただ、ホームページをつくるだけでなく、

日々それを検索してみてもらい、来店していただける様に、

固定ページとブログ(特定顧客層を意識した旬の記事)と、

SNSでのダイレクトアプローチの融合が必要です。

撮影ブースを店舗設計時に組み組むことで、

実店舗とネットでのハイブリット経営が可能になります。

撮影には機材の選定、設置、調整、日常業務のフォローが必要です。

撮影ブース導入コンサルのアッドフォトサービス

ペットショップでの仮設撮影ブース

例えばペットショップでの撮影

通常は商品の販売。

通常キャンペーンは割引セールやおまけ。ポイントカードなど。

ペット撮影会を開いて集客すれば

お客様からお金を頂きながらの販売促進も可能になります。

撮影をするためには

背景紙とその固定スタンド。

トップライトとメインライトで構成。

犬用のビーズクッションなどの小物が必要。

デジタル一眼で撮影して

後日、メールで専用ページからダウンロードして頂けます。

後日になる理由は、RAW画像を現像(色調整)してJPEGデーターを作成し専用サイトにUPするからです。

撮影費用を設定します。

予約も取りましょう。

告知するための動画広告と

ホームページを作ります。

美容室での仮設撮影ブース

例えば美容室での撮影

就職活動応援撮影コース。

ヘアーとメイクを整えて

そのまま、撮影。

後日データー納品と写真プリント納品。

ネットでの応募が多いのでデジタルデーターが最適。

プリントが必要であれば最速一時間でお渡し。

撮影料金は設定した上で告知、集客可能。

いま、様々な要件でプロフィール写真の撮影需要が高まっています。

SNSの自己紹介写真です。

カットしてその場で写真撮影をする為に

業務用ストロボは必要です。

光をコントロールして

価値のある写真撮影が可能です。

背景紙を白、黒、サーモンピンクからお選び頂けます。

椅子に座って上半身にポーズを付け撮影致します。

「SNS用プロフィール写真撮影キャンペーン」はいかがでしょうか。

洋服店での仮設撮影ブース

例えば洋服店

自社ブランドを身につけたファンへの感謝を

撮影キャンペーン開催で盛り上げて見ましょう。

いつもと違う雰囲気の洋服や

写真写りの良い服選びの為に

写真を撮ってもらいたい。

背景紙を使っての撮影は

写真画面がシンプルになり

お顔も服もきれいに表現できます。

提供するサービス

株式会社フォトサリュでは

当日使用するストロボ機材、カメラはもちろん

撮影ブースでの撮影、顧客対応などのご相談にお応えします。

最近の主流はスマホでもダウンロードできるお客様専用サイトでのデーター納品です。

暗証番号の入力後、専用ページにて写真の閲覧とデーターダウンロードをして頂けます。

撮影料の設定は相談も承ります。

撮影料をお客様より頂くのも、販促費でまかなうのもアイデア次第。

相談の方法

アイデアから始まる部分だとは思いますが、

スペースの問題がありますので取れるスペースを考える必要があります。

一般的に写真館などで人物の全身をバック紙を背景に撮影する場合の広さは

幅4m以上奥行き6m以上天井高さ3m位と考えています。

でも、そんなにスペースは取れません。といった相談にも対応いたします。

最小スペースで撮る撮影例についての記事も書いています。

撮影機材も色々な販売チャンネルで購入することができる時代です。

高いものも、安いものもあります。

そして撮影後の写真も必ずフォトショップで現像やレタッチ処理をします。

デジタルデーター納品では修正も必須です。

総合的に相談できる会社として、

株式会社フォトサリュをよろしくお願いいたします。

    Follow me!

    投稿者プロフィール

    奥本 光城
    奥本 光城株式会社フォトサリュ代表
    写真好きカメラ業界経験30年。カメラ店勤務からグリラーメーカー、そして国産ストロボメーカー、アルバム製造機材販売専門商社を経て、株式会社フォトサリュを設立。ネット活用を映像と想像力で構築し生成AiやNFT制作、動画編集にも着手。様々な方法を融合して個人のブランディングをお手伝いいたします。
    PAGE TOP