• 火. 5月 24th, 2022

自社ブランドの宣伝広告シナリオ作り

自社の宣伝広告動画を作成しよう

自社の広告宣伝は

自社でしたい

 

昭和の時代の社長のできる事は

社長たちが集う場所に集って情報を収集して

新しい事業案を会議にかけて

事業化する事

 

新しい情報を仕入れる為に

時間と予算をかけた

 

一見遊びに見えるその行動に意味があった時代だ

 

現代はどうだろう

優れた経営感覚はどこに転がっているのだろう

 

自社の自己分析と

資金調達

 

雇用の調整

 

賢く、情報をもつ従業員のモチベーションの保持

 

お金の価値観すら

大きく変化している

 

お金だけで人は動かないが

お金がなければ全く人は動かせない

 

会社の人材は宝物だ

生かすも殺すも社長しだい

 

40代、50代へのリスキリング(技術の再習得)が急務だ

ネット環境に馴染めない人材は

作業の一部分を切り取ってやってもらうといい

 

その為に自社ホームページの自社運用と

そのコンテンツ作成をすることをおすすめしたい

 

1.宣伝広告の目的の明確化

注目、選別、選択によるカスタマーサクセスを目的とする

 

その結果として自社商品が選ばれ、売上が伸び、さらなる商品・サービスの提供で

世の中をよくする企業活動をめざす

 

世の中の不便を解消する

 

世の中の不便は

形式知(言葉にできる状態の知識や経験)として認知されているものと

暗黙知(なんとなく心地よいとか不快とか、言葉にできない感情として蓄積された感覚)として

顧客の中に存在する

 

そこに働きかけるのが

広告の本質になる

 

「気付かせる」為に

表現方法を考えるところからはじめる

 

2.バナーを作る

目的へのアプローチをシナリオ化する

バナーはシンプルなのがいい

そして訴求内容がよくわかるワンセンテンスバナー

 

ついついポチッと押してしまう

 

それによって

「販売サイト」につながるとか

「営業からの折り返し連絡」の入力画面になるとか

「お友達登録」でラインに繋がるか

そんな目的を明確化できる

 

デザインについては

ネット上でもいろんな方が助言されているし

素敵な本も発売されている

 

けっきょく、よはく。余白を活かしたデザインレイアウトの本

新品価格
¥1,834から
(2022/1/22 12:24時点)

 

あるあるデザイン

新品価格
¥2,090から
(2022/1/22 12:27時点)

 

デザインは

プロが見ると

絶対に押さえなければいけないポイントがあるようだ

 

でも、作ってみなくてはそれもわからない

人は完璧なものより

不完全なものを求めてしまう生き物なのも事実

 

例えばCANVAのようなテンプレートにはめ込んでいく

デザインサイトも存在する

 

 

フォトショップ

アフィニティデザイナーなど

有料ソフトも視野に入れておく

 

 

バナーには規定のサイズもあるので

何種類か作っておこう

 

バナーができると

それの後の消費者行動を想像して

シナリオを作る

 

そのための仕掛け作りだ

 

仕掛け作り

バナー制作で心がける点は

その対象者の目にとまり

クリックしてもらうこと

 

そして

「商談予約を取る」

「商品を買ってもらうためのLP(ランディングページ)をみてもらう」

 

バナーの露出を上げるために

ブログ記事を中心としてSNSを併用した注目度を上げる広告活動をする

 

自分自身そうなのだが

SNSの企業広告はスルーする癖がついている

 

そんな中、どんな発信をして

顧客に気づいてもらえるのかを

いつも考えている

 

奇想天外なものではなく

面白くって為になる情報発信を

地道に行うことにする

 

そこで重要になるコンテンツ制作

 

コンテンツ制作

SEO対策をしてくれるという会社さんからの電話を頂いたことがある

「コンテンツ記事も作成します」

SEO(サーチエンジンオプティマイゼイション)は

基本的に有意義なページ(記事の制作スタイル、リンク、検索頻度別タイトル文字、など)で判断している

そして日々、その基準はアップデートされている

 

何度も出てくるが

カスタマーサクセスの向上をいつも考えている

 

一昔前なら

フッターと呼ばれる部分に

全国各地の都市の名前が書いてあった時代もあったのを覚えている

 

意味のあること、無いことがどんどん変化してゆく

 

だからこそ

有意義な内容をわかり安い構造で書くことが重要になる

 

段落構造(フォントの大きさを変えてわかりやすく)も重要なファクターだ

そして文字数が多い方がいい記事と認識される

 

そして細かな改善点は

[Google Search Console]

通称 さちこ (サ チ コ)

 

作ったホームページの所有権確認の為の作業が

ちょっとコツがいるかもですが

やり方解説は結構ネット上にあるのでご確認の程を

お願いします。

 

私はホームページダッシュボードにあるテーマエディターで

headタグの間に所定の文章(センテンス)を貼り付けて認証しました

 

サチコを使うと

自分のサイトへ何を検索してアクセスしていただけるのかわかります。

 

ちなみにご覧いただいているこちらのサイトへの1番の検索はなんと

「gamam」

 

お風呂でガマン(gamam)

 

そんな、フェイスブックがメタに変わった時の記事が一番表示されて

クリックされている事実が判明

 

トップに挨拶文と

バナーを貼り付ける作業をしたのでした

 

 

コンテンツは

内容と量が重要です。

 

サイト内には

そのコンテンツがたくさん必要になります。

 

営業の人間と同じように

時間と地理的壁を越えて

広報してくれるのです

 

動画制作

動画にも種類がある

 

インタビュー動画と社内の撮影映像をまとめたイメージPR動画

サービス案内

商品説明

スタッフ紹介

施設、設備紹介

季節のキャンペーン告知

新規顧客アプローチ

既存客へのアプローチ

いいね獲得(潜在顧客開拓)

 

動画制作する上で使える素材

ムービー動画

写真

写真を変形させて作ったGIF動画

文字を動かすモーショングラフィックス

ホワイトボードアニメーション動画

アニメーション動画

Blenderのような3DCG上で作った動画

OBSで作るPC上のブレゼンテーション資料と音声から作った動画

ATEM MINIのようなライブ配信スイッチャーで作る動画

 

そのほかにも

どんどん出てくるだろう

 

これからは

クリエイティビティが大切になるのは当然だか

そこに到達するまでの情報収集能力も必要になる

 

メタバースの世界にもなるが

技術革新にただ驚くのではなく

動ぜず本心を掴みとる感覚が重要だ

 

3D空間に描くソフトの楽しさを知ることも必要なのだ

 

Oculus Quest 2—完全ワイヤレスのオールインワンVRヘッドセット—128GB

新品価格
¥37,180から
(2022/1/22 13:38時点)

 

まとめ

広告宣伝を外注すると

時間の短縮になる

 

どこまでそこに関わりたいかで

お付き合いする会社は変わる

 

大手広告会社に全て任せておけばよかった昭和の時代

同じように任せつつ

機動力のある小さな会社と連携して

自社に小さな広告宣伝部隊を新設して

ちょっと先の

未来に光を灯してみませんか



最後までご覧いただきありがとうございました。

ご縁があれば

よろしく お願いします。

 

Follow me!

kojo okumoto

「誰でもどこでも簡単に」撮影できるフォトブース導入コンサルティング。企業の40代〜50代のリスキリングを動画、写真の撮影、編集でサポート。

PAGE TOP