• 2022年9月26日 2:55 AM

第二の就職氷河期を作らない

Bykojo okumoto

4月 6, 2020

就職氷河期を体験したものとして

あの悲劇がまた目の前に迫っている事が悔しい

 

いったい大人たちは何をどうしたいんだろうかという思いが強かった。

何とかしがみついたこの社会で、

子供が大学3年生という全く私と同じ状況で

バブルが崩壊するように社会情勢が変わってゆくのを目の当たりにする

 

しっかりとした準備をして

しっかりとした自己防衛技術をもって

世の中に出てほしいと強く願います。

 

第二次ベビーブーム後の人口は増えません。

なので、バブル崩壊時の様な人余りは無いでしょう。

しかも、デジタル化の出来ない人は淘汰されるでしょう。

 

コンテンツを作る事が求められる世代です。

従来型の企業がもう少し残りつつも、大きく環境が変わります。

 

自由経済から半分社会主義的管理社会の元、ドメスティックなつながりが

強くなりそうに感じます。

 

経団連会長の会見

 

1.学生の採用についての案内について

企業側からの広報を積極的に行う様にお願い 第二の就職氷河期を作らないでほしいとの呼びかけはしている

2.新型コロナウイルス対策の世界的な進行状況を把握していく (新コロナウイルス会議)

各報道機関からの質問に対する答え

緊急事態宣言について   官民力を合わせて対応してゆく  日本でいっぺんに広がっていないのが幸い

経済活動について   在宅勤務を徹底 業務が万善に出来ていない

マーケット全体の冷え込み   需要全体の陰り  工場の閉鎖などが影響 時期を見ながら経済対策をしてゆく

経済そのものが大きく揺さぶられる

テレワークの呼びかけ   出張の自粛

海外との関係を懸念 欧州などの工場は稼働していない

と、だいたいの内容でした。

雨の階段の両サイドに緑の笹が茂っている

既得権益のトップの方のありがたいお話

初めて見たのですが、もっと不安な気持ちでいる学生や国民に
寄り添った会見を期待していました。

人を集めて収益を上げる商業活動が音を立てて崩れています。

収入の減少は避けられません。
個々でどう収入を確保するのかがカギです。

婚礼関係のお仕事はもうほとんど、限りなくありません。
秋に日延べになっていますが、最大6か月と言われる緊急事態宣言がどう影響するのか分かりません。

雨の公園 子供の座るポールにおちゃらかの歌詞が刻まれている

 

世の中、ユーチューブとズームの様なので

本気で考えてみます。ゼロベースで考えてみます。
もちろんユーチューブの広告収入も実会社の実消費に頼っている訳で、
いつどのような変化があるとも限りませんが。

いろんな人がいろんな経験を持っていてそれを分け合える
緩い繋がりで、トップの人だけが利益を得る権利があるような社会でない
幸せな未来に期待する事にします。

 

社会状況の変化についていく事が生き延びる方法

この前まで、ミニマ三ストの良さがあまり分からなかったけど

なんだか、いろいろと手放す時期に来たのかなぁとも感じています。

みなさんはいかがでしょう。

 

もしも写真とあなたの既存事業で

撮影が必要になったらご相談ください。

 

お打ち合わせ電話予約

起業準備中で撮影力をプラスしたい人や

会社を作りたい人もご相談ください。

グループ内の税理士をご紹介致します。

 

撮影機材もそろっています。すぐに撮影出来ます。

株式会社フォトサリュ

Follow me!

PAGE TOP