• 2024年6月15日 9:48 AM

工場広報のためのスタジオ構築支援サービス – 東京都江戸川区船堀の株式会社フォトサリュ

By奥本 光城

2月 5, 2024

投稿日:2024年2月5日 最終更新日:2024年2月6日 記事制作:奥本 光城

工場広報のための自社スタジオは、企業が自らの製品や技術、企業文化などを広く伝えるために設ける専用の撮影・配信スペースです。このスタジオを通じて、企業は製品紹介、技術解説、社内イベント、研修などの様々なコンテンツを制作し、インターネットを介して社内外の関係者に情報を発信することができます。

企業の宣伝ページを見る顧客のセグメント

製造業における企業の宣伝ページを見る顧客のセグメントを考える際には、様々な変数を考慮に入れる必要があります。セグメントとは、対象市場の潜在顧客をニーズや特性に応じてグループ分けすることを意味し、マーケティング戦略において重要な役割を果たします。製造業の顧客セグメントを考える際には、以下のような変数を用いることが考えられます。

地理的変数

  • 国や都市、地域といった地理的な条件に関連する特性。
  • 例:東京都在住、勤務先が愛知県など。

人口動態変数

  • 性別や年齢、家族構成、職業、収入といった人口動態に関連する特性。
  • 例:30代の男性、20代で子供が1人の夫婦、年収600万円以上など。

心理的変数

  • 価値観や嗜好性、性格といった心理的な状態に関連する特性。
  • 例:趣味が旅行、喫煙者など。

行動変数

  • 人の行動パターンに関連する特性。
  • 例:商品Aの購入経験あり、1か月以内に問い合わせしたユーザーなど。

これらの変数を組み合わせて、製造業の宣伝ページを見る顧客のセグメントを作成することができます。例えば、特定の製造業の製品に興味を持つ可能性が高い地域に住む、特定の年齢層や職業を持つ人々をターゲットにすることが考えられます。その上でどんな撮影スタジオが必要なのか考えていきます。

工場広報のための自社スタジオとは

工場広報のための自社スタジオは、企業が自らの製品や技術、企業文化などを広く伝えるために設ける専用の撮影・配信スペースです。このスタジオを通じて、企業は製品紹介、技術解説、社内イベント、研修などの様々なコンテンツを制作し、インターネットを介して社内外の関係者に情報を発信することができます。

スタジオの目的と機能

自社スタジオの主な目的は、製品やサービスの魅力を直接的に伝え、ブランドイメージを向上させることです。また、社内のコミュニケーションや人材育成の場としても機能します。理想的なスタジオには、高品質な映像を撮影するためのカメラや照明、音響設備が備えられており、オンラインイベントやウェビナーのライブ配信が可能です。

スタジオの利点

自社スタジオを持つことの利点は多岐にわたります。まず、製品の特徴や使用方法を詳細に説明することで、顧客の理解を深めることができます。また、オンラインでの情報発信は、地理的な制約を超えて広範囲のオーディエンスにリーチすることが可能です。さらに、社内研修や採用活動においても、統一されたメッセージを効率的に伝えることができます。

スタジオの活用事例

実際に多くの企業が自社スタジオを設置し、様々な形で活用しています。社内向けの広報活動に映像撮影・編集スペースを改装し、イベント配信や営業用動画の制作に利用していたり、製品レクチャーや記者会見などを配信するためにスタジオを運用している会社もあります。

スタジオの設計と機材選定

スタジオの設計と機材選定は、目的に応じて慎重に行われます。例えば、製品の細部を鮮明に映し出すためには高精細なカメラが必要です。また、ライブ配信のためには安定したネットワーク環境や配信制御のための機材が求められます。さらに、スタジオの空間デザインは、企業のブランドイメージを反映させることが重要です。自社スタジオは、企業が自らのメッセージを効果的に伝えるための重要なツールであり、その設計と運用は企業の広報戦略において中心的な役割を果たします。しかしながら工夫と計画で予算を配分することが可能です。

スタジオ構築の重要性:工場広報の新たな可能性

工場広報のためのスタジオ構築は、企業が自身の製品やサービス、技術、企業文化などを広く伝えるための重要な手段となります。特に、デジタル化が進む現代社会において、映像やオンラインメディアを活用した情報発信は、広範囲のオーディエンスにリーチする効果的な方法となっています。

広報活動の新たな可能性

自社スタジオを設けることで、工場広報活動は新たな可能性を開くことができます。具体的には、製品の特徴や使用方法、製造過程などを映像で紹介することで、顧客や取引先、一般の人々に対して製品の魅力や品質を直感的に伝えることが可能となります。また、ライブ配信を活用すれば、新製品の発表会や記者会見、社内イベントなどを広く公開することも可能です。

社内コミュニケーションの強化

自社スタジオは、社内コミュニケーションの強化にも寄与します。例えば、社員研修や社内報の制作、社員インタビューなどに映像を活用することで、社員のモチベーション向上や組織の一体感を醸成することができます。また、社員自身が映像制作に関与することで、新たなスキルを身につける機会を提供することも可能です。

地域との連携強化

地域工場が自社スタジオを設けることは、地域社会との連携を強化する機会にもなります。地域のイベントを取り上げたり、地域の特産品を紹介する映像を制作することで、地域とのつながりを深め、地域貢献活動の一環とすることができます。

スタジオ構築の重要性

以上のように、自社スタジオの構築は、工場広報の新たな可能性を開く重要な手段となります。そのため、スタジオの設計や機材選定、運用方法などは、企業の広報戦略において重要な要素となります。適切なスタジオ設計と機材選定により、高品質な映像を制作し、効果的な情報発信を行うことが可能となります。

ネット利用を見据えた調和の取れた運用

ネット利用を見据えた調和の取れた運用について、サイト運用、ライブ配信、写真の画像編集や動画編集、そして全体をデザインする人員と上層部とのコミュニケーションの観点から詳しく述べます。

サイト運用

コーポレートサイトの目的は、「企業の存在意義を語り、信頼とファンを増やすこと」です。そのためには、企業のブランディングに基づいた一貫したビジュアルアイデンティティが重要です。ロゴ、カラー、フォントなどを含み、これらはウェブサイトだけでなく、パンフレット、空間、ユニフォームなど、企業活動のあらゆるシーンで使用されます。

ライブ配信

ライブ配信の安定実施には、インターネット回線の安定性と速度が重要です。ライブ配信用のインターネット回線は、映像と音声をライブサーバーにアップロードするため、上りの速度確認が必要です。有線での光回線が必要です。

写真の画像編集や動画編集

動画制作では、目的や予算の設定が重要です。動画を作る目的・ゴールを決めて制作します。

流行している企業宣伝動画の特徴は以下の通りです:

  1. 話題性と意外性:視聴者の共感や反感を呼ぶ動画や、意外性や面白さのある動画がバズりやすいとされています
  2. 高品質な映像と音響:視覚と聴覚から情報を受け取る人間にとって、高品質な映像と音響の動画は印象に残りやすいです。
  3. リアルな体験を描く:視聴者が利用シーンをイメージしやすい動画が効果的です。
  4. 縦型動画:スマートフォンの普及により、縦向きのまま動画を視聴するユーザーが増えてきており、それに合わせて縦型動画が流行しています。
  5. ライブ配信・ライブコマース:ライブ配信とオンライン販売を組み合わせたライブコマースは、広告と販売を同時に行うのが特徴で、これも流行しています。

これらの特徴を踏まえて、企業は自社のブランドや商品を効果的に宣伝する動画を制作することが求められています。どんな顧客に届くのか、そのためのメッセージを創る作業です。

人員と上層部とのコミュニケーション

全体をデザインする人員と上層部とのコミュニケーションは、プロジェクトの成功にとって重要です。目的や予算の設定、期限の設定など、プロジェクトの全体像を共有し、各部門が連携して作業を進めることが求められます。また、上層部からのフィードバックを適切に反映し、プロジェクトの方向性を調整することも重要です。以上のように、ネット利用を見据えた調和の取れた運用は、各部門の連携と適切な計画によって実現されます。

機材選定の基本:知っておくべきポイント

機材選定は、撮影の質や効率に大きく影響を与えるため、非常に重要なプロセスです。適切な機材を選ぶためには、以下のポイントを押さえる必要があります。

撮影目的の明確化

機材選定の最初のステップは、撮影の目的を明確にすることです。商品撮影、ポートレート、イベント撮影など、撮影の目的によって必要な機材は異なります。目的に合わせた機材を選ぶことで、求める画質や効果を得ることができます。

撮影環境の考慮

撮影環境は機材選定に大きく影響します。天候という外的要因を受けない屋内撮影を基本とします。写真なら業務用ストロボや光質をコントロールするアクセサリーが必要です。動画ならLEDのような定常光が必要です。カメラを切り替えるためのスイッチャーも必要です。

予算の設定

機材選定には予算が大きく関わってきます。高品質な機材は高価なことが多いため、予算内で最適な機材を選ぶためには、コストパフォーマンスを考慮することが重要です。また、必要な機材を優先して選び、予算を効率的に配分することが求められます。最小機材でまず始めて、必要であればその都度増やしていくことが必要です。

機能と性能の確認

カメラやレンズ、照明などの機能と性能を確認し、撮影目的に合ったスペックを持つ機材を選ぶことが大切です。レンズ交換式カメラで予算が許す限り良いレンズを使うと良いでしょう。良いレンズは画面の中央と周辺部での写り方の差が少ないもの、歪みの少ないものが多いのです。サイト内の統一感を表すために必ず三脚を使います。

互換性と拡張性

将来的なシステムアップグレードや他の機材との互換性も考慮する必要があります。例えば、カメラ本体と互換性のあるレンズやアクセサリーの選定は、撮影の幅を広げるために重要です。また、拡張性の高い機材を選ぶことで、将来的なニーズの変化にも対応できます。

アフターサービスの確認

機材の保証期間やメーカーのアフターサービスも選定の際に考慮すべきポイントです。カメラは故障に備えて複数台用意します。また、照明機材も必要数にプラス一台は必要です。かなりの情得意先でなければ、修理代替品は借りれません。修理には通常4週間は必要です。機材選定は慎重に行いますが、不測の事態には代替機を使い、修理するよりも新しく買い足すくらいの気持ちでいた方が良さそうです。カメラもストロボも使うと消耗します。シャッターユニットは規定回数がありますし、ストロボの発光管はキセノン管内のガス環境が発光出力と回数で変化します。修理できる部分とその費用から考えることになります。

株式会社フォトサリュ:東京都江戸川区船堀:代表 奥本光城

東京都江戸川区船堀に拠点を置く当社は、企業向けスタジオ撮影環境の構築をトータルでサポートしています。スタジオ設計から機材選定、PC購入、サイト運営まで、お客様のニーズに合わせた最適なソリューションを提供します。プロフェッショナルなカメラやムービー機材の相談にも応じ、撮影から配信までの一連の流れをスムーズに実現。撮影スタジオが必要になった際には、私の経験と専門知識が、お客様のビジネスを次のレベルへと導きます。あなたの企業メッセージを世界に届けるためのパートナーとして、ぜひご相談ください。

カメラ店での接客経験

時代はフィルムの終焉期で。ネガフィルムやリバーサルフィルでの作品作りやニッコールクラブの支部活動など経験しました。今では考えられないような価格のデジタル一眼レフが売れたりしました。この時期は、富士フィルムの現像、プリント機の操作で瞬時に色を判断してY、M、Cを足したり引いたりしながら目を鍛え上げました。また、カメラの対面販売を通じカメラの操作法を適切に指導できるようになりました。簡易的な証明写真の撮影、そして当時勤めていたカメラ店のオーナーの関係での日本舞踊での撮影経験があります。

コメットでの営業経験

その後、ワンクッションで焼き鳥グリラーの営業を挟んで入社したのが国産ストロボメーカーのコメットでした。ここで10年間営業や業務部を経験しました。様々な写真館を訪問し、話を聞くことができました。たくさんの思い出をいただきました。またカメラショーなどの展示会では機材提供の助っ人としてカメラマン・アシスタントのように間近でプロの技術に触れることができました。また、写真館協会での支部ごとの勉強会にも機材提供でお手伝いできました。写真館の新設や改築に携わったり、結婚式場の写真室の新設や移設などとても刺激的な10年でした。10尺や12尺なんていうとても大きな脚立に乗っての作業に震えたものです。また、ストロボを使わないタングステン光だけの写真館でのオーナーさんの話はとても興味深いものでした。こども写真館や出版会社、アパレルの撮影部、着物屋さんの写真スタジオ、アミューズメントでのキャラクタースタジオでの経験も忘れられません。

印刷機材専門商社での営業経験

一年という短い間でしたが、印刷機材に触れることができました。世の中はオンデマンド機です。ヒューレッドパッカードやキャノンの印刷機。それをクリースして糊付け製本する機械や断裁機。海外で主流のペーパーバックに近いオンデマンドペーパーバックを作るヨーロッパの機材を間近に見ることができました。また、アルバムを作るために銀塩プリントを自動でクリースを入れてから曲げて糊付けする機械や、表紙を作る機械などプリントにニスを塗る工程の機材や絵本を作る工程を学ぶことができました。合わせてダンボールを作る会社さんへの訪問でダンボールに詳しくなり、A段とかB段とか、いつも気になるようになりました。

式場集合写真・就活用照明写真・比較検証サイトの物撮り

実際の撮影では結婚式場でのサブカメラマンだったり、式後の集合写真の整列係をしています。また、就活の時期にはリクルート用の証明写真のカメラマンをさせて頂いたりもしました。比較検証サイトのカメラマン経験では、コスメや調理器具などの物撮りを経験しました。

企業の宣伝広告の相談:アクションのデザイン

ネット環境の構築から、SEO対策などを本気で独学してきました。そのための写真撮影、動画撮影や編集もできます。また、ソフトを使ったホワイトボードアニメーション制作など工夫と想像性でバックアップします。特にストロボを使った写真撮影ブースを中心に、さまざまな仕掛けを作るお手伝いをします。成生Aiでの新たな挑戦もしています。3Dデーターの作成や画像、文章と利用価値は無限大です。それでも、あくまでも主役は御社です。というのは、全てやってくれる業者はそれなりの価格になりまが、社内にノウハウが蓄積されません。定期的な関与と困った時の緊急対応の専門性分野のメンター・相談役としてお声かけください。今までの経験を活かします。

Follow me!

投稿者プロフィール

奥本 光城
奥本 光城株式会社フォトサリュ代表
写真好きカメラ業界経験30年。カメラ店勤務からグリラーメーカー、そして国産ストロボメーカー、アルバム製造機材販売専門商社を経て、株式会社フォトサリュを設立。ネット活用を映像と想像力で構築し生成AiやNFT制作、動画編集にも着手。様々な方法を融合して個人のブランディングをお手伝いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


PAGE TOP