• 火. 5月 24th, 2022

商品撮影 どうやって撮るの?機材、小物、方法

商品撮影は撮影の基礎です。

理由は、カメラ位置で変わる被写体の形の変化と

反射の確認、エッジの黒締めなどが必要だからです。

 

1.商品撮影の為の機材

 

背景は白バック紙で良いです。

アクリル板を加工した、商品撮影台も販売されています。

テーブルの上の様な高さに設置できると良いでしょう。

Andoer 60 x 100m 折り畳み式 撮影台 撮影用テーブル 撮影用機材 バックグラウンドサポート コンパクト収納 人物撮影 商品撮影 簡易スタジオ 並行輸入品

新品価格
¥8,299から
(2020/3/28 00:35時点)

最低2灯のストロボが必要です。

モノブロックでも、可搬型の電源でもかまいません。

 

トレーシングペーパーでが被写体を挟み込むように配置し

両サイドから光を作ります。

アンブレラを使っても良いでしょう。

【撮影用ライト専門店 PHOTO TOOLS】 180W モノブロックストロボ アンブレラ 2灯セット (ブームセットなし)

新品価格
¥51,624から
(2020/3/28 00:37時点)

2.白バック紙と黒ケント紙でエッジと反射のコントロール

 

シルバーやゴールドのパッケージは正面からだとカメラが写り込みます。

白いパッケージでは白い背景との境目が分からなくなってしまいます。

そこで、黒いケント紙を筒状にして置いたり、

適当にカットして背景に貼ったりします。

 

アクリルキューブの大中小や、写真用の練り消し。パーマセルテープなども必要です。

 

 

3.カラーチャートで色温度と発色の確認

 

色温度を設定して、露出が正確だと発色もきれいです。

ちょっとした露出の違いで変化するので、カラーチャートの撮影もしておくと

RAWの現像という工程でとても便利です。

【国内正規代理店品】X-rite (エックスライト) ColorChecker Classic (カラーチェッカー・クラシック) KHG3421-CH

新品価格
¥12,400から
(2020/3/28 00:38時点)

4.PCでライブビュー画像(方眼グリッド表示が便利)

 

ちょっとした傾きで、ロゴが左右に片寄ったりします。

箱の正面と言っても、奥行きの具合を方眼グリッドで確認すると便利です。

ちょっとしたカメラの位置の変化と、置いた商品の向きで大きく変化します。

三脚やPCとつなぐUSBケーブル等必要です。

 

5.PC内にテザー撮影で転送されたファイルを外付けSSDに保存

 

撮影後は念の為、バックアップを速やかに撮りたいものです。

外付けタイプのSSDは転送スピードも速いので最適です。

 

6.まとめ

 

結構色々と必要になります。

アマゾンをのぞけば、いろいろとあります。

 

調整をきちんとできれば、機材の良しあしはカバーできます。

 

例えばストロボで言うと、

 

良いストロボは、ずっと一定の露出(ストロボの出力)がキープ出来ます。

他方、品質の悪いストロボは露出不足(ストロボの出力)不足のコマがあったりします。

 

頻度の問題はあると思いますが、1/3位変わる事もありました。

 

ストロボだけは良いやつ購入した方が、後からの手間が省けると思います。

 

機材の購入相談から設置、調整、運用のマニュアル化をお手伝い致します。

ご相談下さい。

株式会社フォトサリュ 奥本

 

Follow me!

kojo okumoto

「誰でもどこでも簡単に」撮影できるフォトブース導入コンサルティング。企業の40代〜50代のリスキリングを動画、写真の撮影、編集でサポート。

コメントを残す

PAGE TOP