• 火. 5月 24th, 2022

動画編集への思い

コロナ禍をチャンスと捉えて

前に進もうとしたとき

 

そこに動画編集がありました。

 

 

YouTubeでいろいろ調べたりしながら

自らYouTube動画の制作もしました。

 

小さい頃から8ミリや

ビデオカメラがあった家庭に育ったので

基本的な撮影動作は身に付いていました。

 

小さい頃の動画は

ほぼ記録動画でずっと観光地が取れていたり

学校行事が取れていたりしたので

まぁ真剣に見ると言うよりは食事中に流しっぱなしって言う感じでした。

 

今動画はできるだけ短くてインパクトがあり、かっこいいものが流行ってます。

現代人には時間がありません。

 

かっこいいものを無性に作りたい。

カメラの動き、被写体の動き、背景の動きなどを

基本のカメラワークを大切にしつつ

ドラム演奏で培ったリズム感での画面の切り替え

写真の現像プリントで培った色に対する知識

業務用ストロボメーカーでの営業中に携わったライティングの知識を使って

自分自身にしかできない映像表現を追求する。

 

そう、そんな面白い新たな業務が展開できる形になったこと、

とても嬉しく感じる。

 

動画の編集は流行でもあるから

基本的知識と機材があればまぁ誰にでもできるでしょう。

 

最初から人に認めてもらうことを考えると

なかなか先には進まないので

まずは自分の好きなように作ってみることをおすすめします。

 

写真をやっていると

撮影会で大勢で同じモデルさんを囲んでとっても

同じ写真はなかったって言う経験がありました。

 

機材の違いやアングルの違い、

ましてや動画であれば

それをフレーミングするまでのカメラの動き

そして画面と画面つなげる動きを考えたフレーミング。

 

やっぱり今まで見てきた映画やコマーシャルの映像表現などに

注意を払い蓄積をしてきたものに関して

再現できるかどうかが関係している。

 

動画に興味を持ち出すと

映画やコマーシャルで見るカット割りやカメラワーク

面白くてしょうがない。

 

結局好きか嫌いか

好きだからやってる。

 

8ミリの頃は

フィルムをカッターでカットしテープでくっつけて

長巻のリールにまとめていた。

 

今はパソコンで

カットしつなげて

自分の思い通りに編集することが可能だ。

 

ただ音楽と画面効果等は

しっかりとお金をかけて

時間の短縮できるものや制限なく使えるものを手に入れておかないと

お客様のお仕事への対応はできない。

 

サブスクリプションで

いろいろ試しつつ自分のテーマに合ったものを選択したい。

本当は教えたくないけど

オススメはこちら

これだけでかなりの戦力になるのだ。

MotionElements 動画素材

音楽なら

artlist

テレビCMでも使われているいい曲が多いので

結婚式やオープニングのBGMに最適だ。

それらを使うとこんな動画ができるので

御覧ください。

Follow me!

kojo okumoto

「誰でもどこでも簡単に」撮影できるフォトブース導入コンサルティング。企業の40代〜50代のリスキリングを動画、写真の撮影、編集でサポート。

コメントを残す

PAGE TOP