• 2024年3月5日 1:01 PM

予算、品質、簡便性の最適化:生成AI「Meshy」による3Dモデリングとset.a.light 3Dの活用

By奥本 光城

2月 3, 2024

投稿日:2024年2月3日 最終更新日:2024年2月3日 記事制作:奥本 光城

やっぱり世の中、生成Aiです。特に最近3Dデーターの作れる生成Aiが素晴らしく進化しているようです。set a light 3Dのアドオンソフトである「3Dインポーター」を導入すると作った3Dデーターを仮想空間に置いて撮影することができます。そんなたのしい、予算を抑えたイメージ創造についてお知らせします。Meshyは「KOJO」とコードを入れることでマンスリーも一年契約でも20%OFFになります。ぜひお試しください。https://www.meshy.ai/

新時代のビジュアル制作へのシフト

現代のビジュアル制作は、高品質かつコスト効率の良い方法で革新的な内容を提供することが求められています。この記事では、伝統的な3Dモデリングツール(例:Blender)と比較して、生成AIを利用した3Dデータの利点、およびそれをset.a.light 3Dで利用することの便利さについて探求します。

set.a.light 3D - for Photographers

予算:コスト削減の新しいアプローチ

伝統的な3Dモデリングツールは高度な技術と時間を要するため、特に小規模なプロジェクトや予算が限られている場合、資金的な負担が大きくなりがちです。一方、生成AIを用いた3Dデータ生成は、リソースの制約がある場合でも高品質な成果を得るための経済的かつ効率的な解決策を提供します。このアプローチにより、予算の範囲内でより多くのクリエイティブなプロジェクトを実現できるようになります。

品質:高度なビジュアルの確保

生成AIを活用することで、高度にリアリスティックで詳細な3Dモデルを短時間で生成することが可能になります。これは、特に細部にこだわる商業写真や広告業界において大きな利点です。Blenderなどの従来のツールでは、同じレベルの品質を達成するためには、専門的なスキルと長時間の作業が必要となります。

簡便性:誰でも使える直感的な操作

生成AIを用いた3Dデータの作成は、ユーザーフレンドリーで直感的なインターフェースを持っており、3Dモデリングの専門知識がないユーザーでも簡単に扱うことができます。これにより、技術的な障壁が低減され、より多くのクリエイターが3Dビジュアル制作に参入できるようになります。

set.a.light 3Dでの実践応用

生成された3Dデータをset.a.light 3Dに取り込むことで、照明やカメラの設定をリアルタイムで調整し、想定される最終的な写真を事前に確認することが可能です。このツールの使用は、撮影の事前準備として非常に有効であり、実際の撮影における時間とリソースの節約につながります。また、そこで撮影したデーターを参照画像として生成Aiに取り込み、プロンプトとの併用でよりイメージに近づけることも可能です。

まとめ:ビジュアル制作の未来への一歩

予算、品質、使いやすさのバランスを取ることは、ビジュアル制作において常に重要な課題です。生成AIによる3Dデータ作成とset.a.light 3Dの組み合わせは、これらの要素を最適化し、さらにはクリエイティブな可能性を広げる画期的な手法と言えるでしょう。今後、この技術の進化は、ビジュアルアートの領域においてさらなる革新を促進することになると期待されます。

Follow me!

投稿者プロフィール

奥本 光城
奥本 光城株式会社フォトサリュ代表
写真好きカメラ業界経験30年。カメラ店勤務からグリラーメーカー、そして国産ストロボメーカー、アルバム製造機材販売専門商社を経て、株式会社フォトサリュを設立。ネット活用を映像と想像力で構築し生成AiやNFT制作、動画編集にも着手。様々な方法を融合して個人のブランディングをお手伝いいたします。
PAGE TOP