• 2024年5月19日 5:52 PM

【メルカリ梱包で段ボールの値段が気になるなら広告入り】ダンボールワンがお得

投稿日:2022年10月26日 最終更新日:2023年2月8日 記事制作:奥本 光城

ダンボールはコルゲーターという大きな機械(数十メートル)で作ります。農産物から精密機械までデリケートな商品を梱包する素晴らしい梱包資材です。古紙価格や運搬費で価格が決まるこのダンボールをお得に手にいれるならおすすめは広告入りです。

ダンボールの選び方

ダンボールはコストパフォーマンスと選びやすさ、送料の点で比較検討したいところです。その点でネットでの選びやすさを考えるとおすすめしたいのがダンボールワンさんのダンボールです。その理由は、お得な広告入りダンボールから印刷できるオーダーメイドまで簡単にネットで注文できるからです。そしてさらに、送料が無料(北海道、沖縄、離島を除く)で、サンプルを注文できるので実際に実物を確認してから注文できます。

5年連続売上No.1のダンボール・梱包材専門通販サイト

ダンボールとは 

段ボールというのは良くできています。波打った紙をクッションに使うことで、衝撃を吸収します。そしてA段(5mm)と、B段(3mm)の厚さで2種類があり、それを合わせてダブルと呼ばれる段ボール(8mm)があります。運ぶものや、その重さで使い分けされています。商品が届くと真っ先に捨てられてしまう段ボールですが、すごく大きくて音が大きな、コルゲーターという機械で作られているんですよ。農産物から精密機械まで梱包しています。空気を多く含む段ボールは生産者の近くで作ることが多いです。少しでも物流コストを抑えたいですからね。そんな、段ボール業界の北陸の最大手であるダンボールワンさんのダンボールを紹介してみたいと思います。よく見かけるベージュのダンボール意外にも白いダンボールやそれに印刷をして色をつけたもの、机やベットまで作る会社さんもあります。

ダンボールワンがおすすめな理由

お得な広告入りダンボールがある

価格を抑えたいなら広告入りダンボールを選ぶと良いでしょう。広告はダンボールと一緒に顧客に届きます。広告宣伝費で少しでもダンボール代金がお得になるなんて素晴らしい。段ボールの基本的な商品を守るという性能は維持したまま、コストを下げられる最高の方法です。しかも広告内容はダンボールワンさんの広告なので、同業他社の広告などの心配をしなくて良いんです。

色々なメール便のサイズから簡単に選べる

既存品は段ボールのサイズや各配送会社サイズなどから選択します。サイズに合わせたダンボールをスピーディーに発注できます。注文を確定するまでに、発注数の増減での価格も確認できるのでストックヤードの確保状況をみながら発注が可能です。

サイズもデザインもオーダーメイドで作れる

板のままの大きな白い段ボールの発注も、サイズを決めて特別注文も、デザインも可能です。イラストレーレーターのデーターやPDFデーターでの発注ができます。その都度価格がわかるサイト設計です。

入会特典が充実

私は初回注文時のテープ10巻分のクーポンが発行されました。法人向けではありますが、ダンボールをいつでも注文できるサイトと契約しておくと何かと便利です。スピーディーな発送にもご対応いただける様なのでこれからも使います。法人向けのサービスなので従業員の誰かが必ず受け取りをすることが重要です。

ダンボールだけじゃない

梱包関連のさまざまな商品の取り扱いがあります。必要なものを必要な時に頼むと良いでしょう。段ボールは意外とかさばります。スペースを確保して出荷予想をたてながら、欠品させることなく発注するのが難しいのです。緩衝材入りのクッション封筒やプチプチシート(エアー緩衝材)も発注できます。

写真撮影小物としてダンボールを使う

白い板ダンボールをくの字に組み合わせ、簡易的な自立するレフ板を作ると良いでしょう。メインライトが差し込む反対において、影の表現を柔らかくします。通常は発泡スチロールを使うことが多いかもしれません。カポックと呼びます。ダンボールが白なら大丈夫です。

Follow me!

投稿者プロフィール

奥本 光城
奥本 光城株式会社フォトサリュ代表
写真好きカメラ業界経験30年。カメラ店勤務からグリラーメーカー、そして国産ストロボメーカー、アルバム製造機材販売専門商社を経て、株式会社フォトサリュを設立。ネット活用を映像と想像力で構築し生成AiやNFT制作、動画編集にも着手。様々な方法を融合して個人のブランディングをお手伝いいたします。
PAGE TOP