• 火. 5月 24th, 2022

ホームページのリニューアルを安く動画を取り入れて実現する方法

検索する消費者心理

文字や写真で複雑なことを説明しようとすると

文章が複雑にる。それを読む側にとって

内容を理解することが難しくなる

 

商品は説明書を読まなくても

すぐに使えるようなユニバーサルデザインが好まれる

 

それでもわからない時はマニュアルや

検索サイトへのアプローチになる

 

カメラで言うと

出先での緊急時対応を

検索サイトに求めた場合

知りたい事を解決するための時間が重要だ

 

まずは写真と文章で解説してあるページを早く見つけて

わかる範囲ですぐに対処したい

 

そして文章読んで

その工程を理解できなかった場合

動画に頼ることになる

 

顧客満足

結論から言うと

この顧客満足度を精いっぱいあげることが

ホームページと動画による企業広告成功の秘訣

 

前提として

相当 名の知れた会社でない限り

ホームページを作っただけでは

見られない

 

興味がわかない

 

そこで

大企業でない

我々がとるべき行動は

従来型のメインとなる企業ホームページを中心に

時事ネタや世の中の困りごとを解決する話題を中心に

自社製品をアピールするブログネタを日々更新すること

 

FacebookやTwitter などで発信しているから大丈夫

そう考えているのなら

もうちょっと踏み込んで

自社のサイトを運営してみることをお勧めする

 

その理由は

やはり情報が流動的で

表示自体も他の新しい情報に流されていってしまうと言う事

 

LINE広告についても

各企業が力を入れすぎたことの反作用で

消費者的目線から考えると

煩わしさが極まりない

家族以外のLINEの通知はオフにしないと

登録すればするほど1日中 鳴り続ける

 

自社ホームページの作り方

全体像を知って始めると

これすごく簡単なこと

 

簡単に解説しよう

 

コストは1ヵ月 1000円ちょっと

レンタルサーバーを契約すればいい


クレジットカードの登録で月々支払いをする

キャッシュバックなどのキャンペーンもお得だが

一番いいのはドメインが一つ永久無料で使えること(契約時に要確認)

 

そして

すぐにワードプレスを使うことができる

このワードプレスとても優れていて

多くの無料デザインからもうすぐに

それっぽいホームページを作ることができる

 

そして慣れてきたら

有料のデザインを購入することで

より一層のデザイン性とSEO (検索上位にするための施策)を手にすることができる

 

お気づきのこととは思うが

この段階で自社商品をアピールするための素材が多く必要になる

そそれはバナーと呼ばれる宣伝広告用のボタンデザインかもしれないし

商品をきれいに撮った写真かもしれない

商品の使い方を解説した動画かもしれないし

それをお客様に進めるスタッフの笑顔かもしれない

 

この辺の設計を

前もって行うことが重要なのだ

 

ホームページのリニューアル

いちどホームページを持ってさえすれば

実はリニューアルは簡単だ

 

新しいデザインの購入だけで済むからだ

 

もしも形が変われば今までの形式が崩れてしまい

訂正していく必要もあるが

変更する前にプレビューとして確認することが可能なので

そこまで心配することもない

 

もしも

ワードプレスを使っていないのなら

今がワードプレスへの切り替えの好機なのかもしれない

 

たとたとえデザインを変えても

今まで作ってきたものが全て無駄になってしまうところがないのだ

 

従来のホームページで使ってきた画像なども

JPEGやPNG形式であれば転用できるし

動画はYouTubeやViemoを使ってはめ込むか

直接アップロードする

 

それぞれ良いところと悪いところがあるので

お試しいただきたい

 

簡単になれば

YouTubeは再生数を 稼げるが他の動画につながっていく可能性もある

Viemoはコストがかかるが信頼性がある

直接サーバーへのアップロードは視聴者の視聴環境が気になるところ

 

自分で撮影する

自社で撮影できると

スピード感が違う

 

もしも今年の旬のテーマを実社会を背景に実現させるなら

コンセプトを立案し、企画化し

写真を撮って、動画を撮って、文章を考えて、

実現できるのは来年のこの時期

 

季節の花や自然現象を頼る場合はそうなります

 

それじゃ遅すぎる

そんな場合は数ヶ月前から計画を立てて

小物を使った撮影で季節感を演出

 

商品が出揃った状態を見越して

撮影を計画的に実行

 

シーズン前にキャンペーンを打ちます

 

ここで重要なのが

守秘義務

 

なるべく自社内でできる人間を育てたいのが本音になります

 

 

レンタルサーバーでネット広告の概要がわかり

写真と動画を綺麗に撮影してくれて

ブログ記事を日々更新してくれる社員

 

そんな人材を育てたいと思いませんか?

 

もしも自分がそうなりたいなら

写真や動画の撮影方法を学び、機材を購入します

 

その後三脚やストロボなどのアクセサリー、そしてジンバルの購入。

その後、Macを購入してフォトショップをサブスク契約

FINAL CUTなどの動画処理ソフトとその使い方

Motion5などでその自由度を高める

音源のサブスク購入やタイトル効果購入など

作業の効率化も必要です

 

海外製のアニメーションソフトなど導入

映画のシナリオや広告宣伝のデザインを学びます

 

動画撮影時の音声にも気を使います

 

 

プロの広告会社では

それらは分業化され多くの人が関係しています

 

その分価格も上がるわけです

3分ほどの動画が数百万円と言うことなのでびっくりです

 

株式会社フォトサリュの宣伝

実は私、全部できます。

説明もできます。

 

最近NFTを始めたのも

自己鍛錬のつもりです

 

他の人がどのくらいできていて

何が得意で何ができないのか

 

そして

いろいろできる人はいるのかの確認と言う側面もあります

 

もっとできる様になりたいので

Blenderにも挑戦中です

3Dキャラクターを作って

動かせてそれに背景をつけて

カメラポジションを動かして撮影して編集するなんて

面白くてやめられません!

 

ドローンでの撮影もご相談いただけます

 

月に2回訪問の顧問契約いただけますと

社内で実行できるスキルをお伝えしつつ

日々の業務が円滑に遂行できる環境を整えます

 

Follow me!

kojo okumoto

「誰でもどこでも簡単に」撮影できるフォトブース導入コンサルティング。企業の40代〜50代のリスキリングを動画、写真の撮影、編集でサポート。

PAGE TOP